Topics トレード
Bybit Learn
Bybit Learn
Beginner
21 de abr de 2021

仮想通貨の現物市場と先物市場:主な相違点

一般的に、現物市場とは、商品をその場ですぐに受け渡して取引することを指します。一方、先物市場はその名の通り、商品や先物契約の受け渡しを将来の特定の日に決済するものです。

現物市場や先物市場は、株やFXなどの金融市場で使われる用語です。しかし、これらが仮想通貨市場を形成する基礎にもなっていることをご存知でしょうか?

仮想通貨市場は浮き沈みが激しく、特にビットコイン(BTC)の価格が2017年に上昇した後、20,000ドル近辺から3,000ドルへと大きく急落したことは記憶に新しいところです。そして、ビットコインの市場参入に向けて、規制が刻々と変化していきました。最近のBTCのブル(強気)相場では、史上最高値の61,000ドルまで急騰しました。これは、ビットコインの現物市場や先物市場トレーダーの大多数にとって、いまだに衝撃的なニュースです。

では、なぜ現物取引と先物取引の違いを理解することが重要なのでしょうか?

それを一緒に見ていきましょう。

Technical price graph and indicator, red and green candlestick chart on blue theme screen, market volatility, up and down trend. Stock trading, crypto currency background.

現物市場とは?

現物市場は支払いが即座に処理されることから、現金市場とも呼ばれています。つまり、買い手と売り手の間の契約は、決められた数量と実勢価格において、その場で行われるのです。

例えば、ハリー(買い手)が現物市場でフィアット(米ドル)からBTCを買おうとした場合、ハリーは交換を行うために米ドルを探している売り手を探す必要があります。そこでハリーは、仮想通貨取引所の現物市場に行き、あらかじめ決められた価格と数量で指値注文を設定することで、BTC/USDの取引ペアを探すことができます。

買い手と売り手が現物市場で同等のオファーを出した場合は、直ちに取引が実行されます。

現物市場の特徴

仮想通貨市場は24時間365日運営されており、いつでも好きな時に仮想通貨を売買することができます。すべての取引は、現物市場の現物レート、別名現物価格と呼ばれる与件価格で決済されます。現物市場における取引権利を持っているトレーダーは、現在の価格にすぐに満足できなければ、ホールドしてより良い取引を探すことができます。しかし、トレーダーがトレードを実行するためには、活発な需要と供給があるはずです。

現物マーケットの種類

現物市場には大きく分けて、店頭市場(OTC)と取引所市場があります。

定義:

仮想通貨取引におけるOTCとは、仲介者を介さずに分散型市場で取引を行うことです。ブローカーやその他の中央取引所がプロセスに関与する必要はありません。

店頭市場では、時に膨大な量の取引が行われていますが、世間の目からは見えない不透明感があります。それは、OTC市場での取引は通常非公開だからです。一方で、取引の執行プロセスは比較的簡単です。双方が価格、取引量、送金方法などについて合意すれば、仲介者を介さずに直接取引を行うことができます。

市場取引所は、取引プラットフォームやブローカーを通じて注文を出すことができる規制された市場です。仮想通貨の価格は、リアルタイムの見積もりによってすぐに表示されます。このタイプの現物市場は、取引所の営業時間に従います。

一方、取引所は買い手と売り手が資産の入札と売却を行うための仲介者として機能します。入札価格と希望価格が一致した場合、取引所は取引を促進します。

先物市場と比較すると、長期的な投資をお考えの方には現物市場が最適です。逆に、レバレッジをかけたり、ヘッジをかけたりしたい場合は、先物市場が最適です。

先物市場とは?

先物市場とは、ある資産の価格を将来のある日に合意するために、他の当事者と契約を結ぶことです。この投機は特定の日に行われ、取引が即座にその場で行われるわけではありません。つまり、あなたの仮想通貨は、先物契約で合意された特定の設定価格と日付でのみ売買されます。

現物市場とは異なり、先物市場では原資産を実際に所有することなく契約を交わします。実際、先物契約は市場のボラティリティーを回避するために行われます。例えば、BTCUSDの契約を取引する場合、実際にBTCを売買しているのではなく、BTCの推定値で取引していることになります。

言い換えると、資産を所有することなく、契約の価値と平行しているBTCの値動きに賭けることになります。

先物市場の特徴

暗号取引におけるボラティリティーは避けられないものであり、多くのトレーダーにとって懸念材料となっています。それでも、価格の変動は、トレーダーが価格の動きを予測するための取引機会を提供しています。

デリバティブ商品は、先物取引の一形態です。この取引では、契約書にサインする前に、買い手と売り手は価格と日付をあらかじめ決めておかなければなりません。また、ヘッジは先物契約と同様です。

例えば、Bybitでは100倍のレバレッジを提供しており、トレーダーがポジションを前もって調達することなく、契約に必要なヘッジ資金を調達できるようにしています。Bybitは、価格が上昇することを期待したロングポジション、または資産の価格が下落することを期待したショートポジションを建てるための、必要資金をトレーダーに提供します。

主な違いを理解する

取引を成功させるためには、現物市場と先物市場の主な違いを理解することが重要です。両者の特徴を理解すれば、それぞれの金融機会の利点と限界を簡単に見極めることができます。

ここではその一部をご紹介します:

現物価格と先物価格 

例えば、現物市場で取引を行うとすぐに取引が行われます。しかし、先物市場では、合意した条件に基づいて将来取引される価格が固定されています。

現物価格の変動は、資産のボラティリティ(変動性)に基づいています。例えば、ビットコインの現物価格は、数分から数時間のうちに大きく上下に振れることがあります。そのため、テスラがビットコインへの巨額の投資を発表すると、市場はそれに呼応して上昇しました。

一般的な前提として、先物価格は現物価格よりも高いことが多いです。しかし、必ずしもそうとは限りません。

実際には、先物契約が資産の価格を推測し始め、最終的に取引価格に合意するまでには多くの要素を含んでいます。それでも、先物価格が自分たちの利益になることに賭けるか、そうでないことに賭けるかは、ボラティリティと価格の裁定に関する現実世界の認識に基づいて決めるべきです。

受渡日

受渡日は、先物契約の有効期限です。簡単に言うと、指定された価格と仮想通貨資産を引き渡さなければならない先物契約の最終日です。受渡日が来ると、契約者は原資産を受け取らなければなりません。

ただし、この受渡日は契約ごとに異なります。トレーダーや投資家の中には、特定の日を設定できる人もいれば、月で決める人もいるでしょう。仮に、ある月に受渡日を決めたとすると、その特定の月の月末の数日前に取引をしなければなりません。

また、各受渡日は、数字と文字で構成された固有のコードを持ちます。取引所が仲介することになりますが、最後の2つの記号は月と年の順になります。ただし、取引所によっては、最後の2つの記号が月と日になることもあります。例えば、Bybitのインバース先物はBTCUSD0625で、2021年6月25日に決済されます。

しかし、先物契約ではなく、先渡契約を取引することにした場合、店頭のスポット市場を通じて取引や投資を行うことになります。先渡契約では、買い手と売り手の両方が合意すれば、日付を調整することができます。

マージンとレバレッジ

現物市場でレバレッジを使用したい場合は、まず仮想通貨コインを購入し、取引所に応じた取引手数料を支払う必要があります。しかし、注意しなければならないのは、彼らの貸し出しはあまり資金がないということです。つまり、融資残高がないため、提供されるレバレッジは通常、あまり高くないということです。

一方、先物市場は貸し出し資金に余裕があるため、高いレバレッジをかけることができます。

先物取引でレバレッジを使用する場合、契約金額の全額を支払う必要はありません。契約総額の一定割合を入力することができ、これは初期マージン額として知られています。

:当初証拠金とは、レバレッジ取引でポジションを建てる際に必要な担保金のことです。

この初期証拠金は、通常、契約総額の3%から12%の範囲となります。しかし、取引所ごとに大きく異なります。例えば、Bybitでは、トレーダーは分離型証拠金モードでポジションに証拠金を追加したり、減らしたりすることができます。ただし、その柔軟性は状況に応じて変更されることがあります。

カウンターパーティー・リスク

仮想通貨を現物市場で取引することになっても、市場取引所を通じて先物契約をすることになっても、リスクを理解することが必要です。トレーダーや投資家の目的はリスクを最小限に抑え、利益を最大化することです。

自分が置かれる可能性がある状況のひとつに、カウンターパーティー・リスクがあります。つまり、相手が義務を果たさないということです。これは、相手が条件を満たせないか、相互に協力しないために起こる可能性があります。

しかし、先物取引は仲介業者を介して取引することになるため、市場のレートに基づいて価値が決まるため、カウンターパーティー・リスクが発生する可能性は低いと言えます。

一方、先渡契約は、先物のように市場の規制を受けません。買い手と売り手の間で合意されています。これらの契約は、仮想通貨が交換されたときに確定します。つまり、その日になって初めて利益と損失がわかるということになります。

トレードの関係者

個人トレーダーであるあなた以外に、誰か他にも関わっているのでしょうか?

その答えはイエスで、その関連性は重要です。

現物市場も先物市場も、取引には買い手と売り手の2つの主要な関係者がいます。現物市場は即時の取引が自慢です。そのため、買い手と売り手の価格が一致すれば、取引が成立します。

先物市場の場合は、その過程で仲介者が入ることが多いです。

取引手数料

取引をする上で、手数料は常に悩みの種です。なぜなら、手数料は積み重なると全体の利益を減少させてしまうからです。

現物市場における仮想通貨取引では、通常、0.1%~0.2%程度に設定された取引手数料がかかります。また、市場の買い手と売り手の合計の取引量に応じて、取引手数料が発生することもあります。

取引手数料がかかるにもかかわらず、先物取引には通常、決済日があります。決済日になると、すべてのポジションの100%を完全に決済しなければなりません。そのため、トレーダーが手動でポジションを決済しないと判断した場合、システムは決済日に達した時点で自動的にポジションを決済することになります。また、未決済のポジションには決済手数料がかかります。

定義:

– 流動性を求め、その流動性を用いて利益を生み出すマーケットテイカーには、取引手数料がかかります。

– 流動性を提供し、オーダーブックの市場の深さを増加させるマーケットメーカーには、リベートが与えられます。

例えば、Bybitでは、先物注文を手動で発注してポジションをオープンまたはクローズする場合、すべての永久契約に対してテイカーおよびメイカーの手数料体系(0.075%のテイカー手数料)および(-0.025%のメイカー手数料)を採用しています。

重要なポイント

では、先物市場は現物市場よりも優れているのでしょうか?それは、お客様のニーズと取引戦略によります。

デイトレードでは、即時に定期的な売買ができる現物市場との組み合わせが良いかもしれません。しかし、仮想通貨の価格を投機したい場合は、先物契約がより良い選択肢となるでしょう。

取引市場を明確に理解し、感情をコントロールすることで、最高の結果を得ることができます。