平均足チャートは何で、どうやって取引に使うのか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

平均足チャートは、よりはっきりしていてノイズの少ない値動きを見るのに使われる技術です。なぜなら、主にこの計算は平均的な相場の流れから出てくるからです。したがって市場動向を明確に把握でき、究極的には未来の相場をよりよく予測できる機会を提供します。

一番いいところは?

平均足はトレーダーの方がローソク足チャートの動向を解釈しやすいという点で信頼できます。そして潜在的な逆転または離脱を見せることで、良い進入点を見つけることができるよう助けます。仮想通貨の取引において平均足を適用する際、ユーザーが強力な市場変動性を価値のある情報として分析できるようにサポートします。これはまた、市場の状態を客観性で定義·強調するのに役立ち、投資の約束を確立できる強固な基盤を提供するためです。

実際に平均足パターン(くさび·三角形·ドージ等)をトレンドに対する知識と連携して使用するのであれば、その結果は非常に印象的です。

ここに:

平均足のローソクを理解するのに役立つ概念があります。平均足を使ってあなたの最初の金塊を作るのに役立つ有用な取引戦略は多分あるでしょう。

技術分析で使われる平均足チャートは何ですか?

はい、平均足という言葉は日本語のように聞こえます。実は、これは相場データを表現して視覚化するために1700年代に開発された最も古い技術のうちの一つです。平均足チャートは、グラフの一形態で特定のタイムフレームの間、仮想通貨の高値·安値·始値·終値を表示します。平均足が他と最大の違いは、ローソクを計算してチャートに表示する方法です。本ガイド全般にわたって、OHLC相場の平均足の計算が詳しく解説しています。

平均足チャートの他にも仮想通貨トレーダーにとって最も人気のあるチャートタイプとしては、サンチャート、棒チャート、ローソク足チャートなどがあります。

平均足の目的理解

平均足はトレンドを把握するには卓越していますが、依然として他の要素と連携してこそ、その潜在力を発揮することができます。これらは相場変動(平均足パターン)と全体的な文脈での各ローソクの動作を含むものです。

結局、平均足だけでは優位に立つことができません。したがって、一般的な市場動向の文脈で分析することが必要です。

それにもかかわらず、ここにこの概念を完全に理解できるアイディアを与えてくれるいくつかの側面があります。

まず、平均足ローソクは、実体と上部が下ひげがあってもなくても存在する。

下ひげのない緑色の実体を持つ平均足は、強い上昇振りを見せています。しかし、下ひげが現れ始めると仮定してみましょう。 その場合、上昇モメンタムが減る可能性があります。

また、相場逆転や少なくとも何らかの仮想通貨資産の相場調整信号を送ることもできる。

反面、上ひげのない赤い実体を持つ平均足ローソクは強い下落を象徴しています。それにもかかわらず、前のシナリオと同様、上ひげが現れると下落モメンタムが低くなっている可能性が高いです。その後、相場調整や反転がすぐに現れます。

それでは、もし赤いローソクがグループ化されていたらどうでしょうか?

それは下降傾向にあり、グリーンローソクのグループは上昇傾向にあります。 以下の2つのシナリオが共に表示される米ドルに対するビットコインの30分タイムフレームの例をご覧ください。

平均足では、ひげの大きさは運動量の変化を示すことができます。 一般的に、小さな平均足のひげに続き、広い範囲のひげは購入(販売)圧力が増加し始めるとの信号を送ります。

この場合、仮想通貨トレーダーとして潜在的トレンドの反転を探さなければなりません。 以下の例題では、下ひげのサイズがどのように変わり始めているかを確認することができます。 平均足のローソクAが、以前の平均足のローソクひげよりもずっと大きいひげを持っていることに注目してください。 これは後で逆転する可能性があるという警告です。

あなたはすでにそれがどんな意味なのか既に理解できるでしょうが。

待ってみてください! もっとあります!

平均足パターン

平均足の使い方を習う前に、ステップガイドをお見せしますので、まずパターンを理解しておいてください。理論的には、トレンドを相場によって表現されたパターンと組み合わせるとトレーダーの可能性を有利にします。したがって、最も信頼できる”パターン”が下に出ています。

ドージ

ドージローソクって何か紛らわしいこともあるので、こちらにミステリーが解読できるガイドがいます。

一般にドージフォーメーションの相場が「始値」に同じ(または比較的近い)ものとなっている場合のことです。平均足ドージは、主に流れの方向性に対するフォローアップ(Follow Up)が不十分であることを示しています。このようなフォーメーションが形成されると、以前の動きから反転することもある。

こうした逆転パターンは、市場動向全般と連携して取引することが重要です。 以下は、図誌が確認されたBTCUSD30分の時間例です。

三角形

様々なタイプの三角形は、全体の傾向の中で一時中止を示し、連続または反転する形で発展できます。 もちろん、長かったり短い項目は全体の趨勢の中でパターンが形成される位置によって変わってきます。

三角形は通常、その構造の中間点に収束します。 ブレーキアウトは、モメンタムが持続できる地点を規定します。

上記の例で、BTCUSDの1日チャートに三角形の形成が示されています。 相場が上限(黒い矢印)を突破した後、緑色の平均足ソウによって定義された上昇の勢いをどのように続けていったかを見てみてください。

くさび

もう一つの一般的な相場フォーメーションはくさびで、くさびは上昇·下降くさびに分類されます。 上昇くさびは、上側に対する後続処置の不足を示すため、弱点が内包されているので、BTCUSD 1hチャートのように修正又は反転の動きがすぐに現れる可能性があります。

一方、下降くさびは強い含蓄性を持ち、根本的な流れが上方に強ければ成功する可能性がより高いです。 下記例題を参照してください。

平均足は一般ローソク足とどう違うのか?

平均足が他のものとどう違うか尋ねると、答えは次のようになります。

一見すると、平均足ローソクと一般ローソクは似ています。 しかし、よく見てみますと、平均足チャートは通常のローソクスティックチャートよりトレンドが一貫している傾向のある緩慢な相場行動を示しています。 これは一般的なローソク足チャートと比べて、平均足のかなりの利点です。

平均足ローソクの読み方

以下の例で、米ドル(BTCUSD)比ビットコインチャートを10分間隔で見ると、平均足チャートで赤いローソクの連続的なブロックが相場をどのように表示するかがわかります。 一方で、伝統的なチャートではローソクにより多くの代替品が出力され、ときに赤色、ときに緑色が見られます。

実際の平均足ローソクにおけるこのような滑らかな行動はトレーダーたちが市場でよりよく読み取れるようにしてくれます。 その理由は、与えられた資産が趨勢にある時、アクションがそれぞれ上昇と下降のために緑色または赤色のローソクブロックで表示されるからです。簡単に言えば、これは市場動向を簡単に把握できるようにサポートしてくれます。

何よりもこの情報と一部の相場行動パターン(平均足パターン)を通じて投資者が取引計画を樹立して市場に進入できます。

いつ平均足ローソクを使用すべきか

平均足ローソクはトレンドに沿った戦略とともに使用する必要があります。 理想的に、仮想通貨トレーダーは傾向のある市場でローソクを使用しなければなりません。 仮想通貨がうまく確立された流れの中で動く時、ローソクは全てのチャートパターンとトレンドをより鮮明に見せてくれるだろう。

平均足の計算

始値、高値、安値、終値を含む平均足ローソクの値は平均相場で計算されています。 実は、平均足という日本語の名前は平均の流れを意味します。 そのため、市場でこの種のチャートは物価の平均速度を表しています。

相場に対する平均足の計算は次の公式に基づきます。

O 始値 = 1/2 * [O前+ C前]

C 終値 = 1/4 * [O+C+H+L]

H 高値 = Max [High, Open, Close]

L 安値 = Min [Low, Open, Close]

以下:

  • O= 始値
  • H= 高値
  • L= 安値
  • C= 終値

比較すると、既存のローソク足チャートでより直感的な計算を行います。 始値、高値、安値、終値はすべて、時間の経過とともに仮想通貨の相場が変化して決まります。 平均足に比べて、ローソク計算のもう1つの違いは、過去のローソクが現在のローソク形成に実質的な影響を及ぼさないことです。

仮想通貨取引における平均足の使用方法

必ず取引が成立するように、変動性と流動性が十分な市場を選ぶ必要があります。 もちろん、これは外国為替市場で完璧に動作します。

でも!

伝統的な投資市場が成熟し、収益性の余地が制限されます。 これに対し、多くの取引者たちが仮想通貨に目を向けています。 今日の仮想通貨市場は、最も興味深い市場の一つです。 変動性と流動性、そしてこの市場に参加できる多くの仲介者が提供する魅力的な投資手段にもかかわらず、この市場で利益を得ることができるチャンスはいくらでもあります。

良い取引の機会を選び出したいなら,次のようにしてください.

強勢または弱勢チャート決定

市場のモメンタムを把握して、そのモメンタムに有利な取引をすることが重要です。 つまり次の方法に従ってトレンドを適用してください。

ここで、多重タイムフレーム分析はその推進力を識別するのに役立つため重要な役割を果たします。 下の12時間BTCUSDのチャートでは、緑色ローソク付き三角形パターンの傾向離脱が見られます。 又、抵抗水準(青色の線)に作用することができる二つの領域を見ることができます。

ステップ-バイ-ステップガイド

平均足戦略と取引を開始する方法について、実用的なステップガイドをご確認ください。

  1. より高いタイムフレームチャートを基にモメンタムを決定します。 三角形又はくさびのような相場変動で表現されたパターンを用いてブレイクアウトシナリオを探し、その延長線について取引が可能である。
  2. 相場の動きに影響を及ぼす支持と抵抗の基本水準をマッピングする。
  3. 取引に適した高いレベルのタイムフレームで買い、売りシグナルを探すために、さらに低いレベルのタイムフレームの平均足を見る。
  4. 取引リスクを制御するためにストップロス注文をできる定義されたレベルがなければならない。

平均足チャート分析例題

最初に、より高い時間フレームでモメンタムを識別してください。 この事例から、以前のイメージに基づいています。 ここで BTCUSDの12時間チャートから三角形から離脱してモメンタム/トレンドの方向に対する手がかりを提供します(大きくて厚い緑のローソク)

モメンタムが確認された後、12時間ものの緑色の平均足ろうそくの連続性を見つけるためにフォロースルー(followthrough)を探すために、2時間ものチャートを拡大します。 このような連続性は、くさび又は三角形となることのできる全ての連続パターンにおいてフレームを形成することができます。

この特定の例題の場合、三角形離脱後、二つの可能な項目があり、その項目は黒点と危険を固定するストップロス注文の赤い線です。

また、2つの「抵抗」レベルを強調することも重要です。 もし彼らが抵抗して持ちこたえられなかったら、それらは私たちのロングポジションをあおる可能性があることを覚えておいてください。 なぜなら、空売りトレーダーたちが彼らからストップロスの注文を受ける可能性が高い中心点だからです。

トレーリングストップのための1つのオプションは、より高い時間フレームのモメンタムを基準に追尾することです。 この場合、ローソクが前のローソクの下に閉まったら、この点が出口(緑の点)になります。

平均足ローソク取引の長所と短所

すべての仕事には失敗が伴います。 皆さんがこのローソクを試す前に、皆さんが知っておくべきことはこれです!

主なメリットは以下の通りです。

  • このチャートはより円滑な相場作業を示すチャートであり動向を明確に把握し、異なるタイプのチャートで一般的に見られるノイズを除去できます。
  • 動向が明確に把握できることを考慮すると、トレーダーがストップロス注文を追跡できる方法はいくつかあります。 趨勢のモメンタムがローソクの構造によって定義されるのです。 下のしっぽのない大きくて厚い緑色のローソクは、トレンドを引き継ぐための健康な信号です。 そのため、トレーリングストップシステムはこのような文脈でうまく機能します。
  • 最近は、このようなタイプのチャートはほとんどすべての取引プラットフォームで使用できます。
  • チャートにノイズがない点を考慮すると、平均足のパターンが市場に存在するノイズの相当部分を除外するため、相場行動のパターンの方がより信頼できる傾向があります。
  • 平均足チャートの分析は任意の時間帯に適しており、年間チャートまたは1分チャートとなることがあります。 一貫した相場表現方式なので関係ありません。

状況があなたに有利かもしれない反面、限界もかなり大きいと言えばどうでしょう?

時々、ローソクや棒のような「古典チャート」で平均足ローソクに、ある信号が伝わる前に逆転が見つかることがあるのです。 これは平均足が平均相場で作られるため、ある面で構造上劣っている要因があるからです。 ただ、後続的な措置を完璧にでき、現在のトレンドを活用できるため些細な短所だと言えます。

それでは、皆さんは限界を克服するために何ができるでしょうか?

避けるべきミス

多くの初心者トレーダーが平均足ローソクを使用する時に犯す最大のミスの一つは多重タイムフレーム分析の不足です。 相場変動がほとんどない中にトレーダーたちは、一度きりのフレームに集中するからです。

もしあなたがその手のトレーダーなら これは趨勢に応じたアプローチを活用することにより、収益性を大きく減少させるという意味です。

したがって、最も良い方法はモメンタムが存在する高いレベルのタイムフレーム(大きい厚いローソク)を観察した後、低いレベルのタイムフレームに移動してモメンタムの方向に取引を続けることです。 一般的に、このモメンタムは、平均足戦略を使って、よりレベルの高いタイムフレームで再生されます。 例えば、毎日三角形区間の連続性を見ますが、この連続性のタイミングは時間別チャートで確認することができます。

最後に

トレーダーがクラシックローソク足チャートから平均足チャートに転換すれば、仮想通貨市場の取引もはるかに容易になります。 全体的に平均足の多才多能さは、皆さんの好きな仮想通貨取引から潜在的な取引の機会を捉えるのに非常に適しています。 ただ、実際に取引する前にあらかじめ練習しておくことがまだベストです。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles