仮想通貨デリバティブ(派生商品)取引とは何ですか&どのように作動しますか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

グローバル金融市場は、地球上で最も収益性の高い産業の一つです。 一部は同意しませんが、金融市場が資本を調達し、低価格で供給を確保し、信用を商品としてどのように繁盛させるかが分かれば、これを無視することはできません」 デリバティブ取引はこのような魅惑的な概念の一つです。 現物取引とは異なりデリバティブ取引は基礎資産から価値を派生するため、より柔軟に管理が可能です。 そして仮想通貨デリバティブ市場は、しばしばレバレッジが使われます。

一般的にデリバティブ取引は、トレーダーが特定の日付と価格に基礎資産を取引する契約に署名するメカニズムのことです。 デリバティブ取引における主な意図は基礎資産の将来価格を推測し、トレーダーが値幅を基準に収益を確定できるようにすることです。 また、商品、通貨及び仮想通貨を含む様々な資産に適用されます。 仮想通貨デリバティブの最も一般的な形態は、ビットコインデリバティブを含みます。

この投稿における主な焦点は、トレーダーが仮想通貨でデリバティブの取引を使用する方法を紹介することです。

デリバティブ取引とは何ですか?

デリバティブの取引は膨大な金融市場です。 最も簡単な形でのデリバティブ取引は、二人の当事者(購入者及び販売者)を結合し、今後特定の日付に資産を販売したり購入する契約交換です。 様々なタイプのデリバティブには先物、オプションおよびスワップが含まれ、仮想通貨市場において適用できます。

デリバティブ取引をもっとよく理解するにはデリバティブを定義することが必須です。 デリバティブは、特定の価格で基本資産を取引する販売者と購入者間の契約です。 例えば、ビットコイン先物契約を通じてトレーダーはビットコインの基礎競売価格に合意する契約を締結して価格変動性を緩和することができるため、リスクをヘッジできます。

Crypto derivatives exchanges report
BTC先物CC:https://analytics.skew.com/dashboard/bitcoin-futures

デリバティブ取引は1970年代にモメンタムを獲得し、これは依然として存在する最も古い金融契約の一つです。 しかし、最近のニュースは仮想通貨デリバティブ取引が価格変動から自分を保護するために大衆から多くの関心を集めているということを示しています。 たとえば、2020年5月の月間出来高は6,020億ドルに達し、仮想通貨デリバティブ取引史上最高記録を立てました。

デリバティブ取引は現物取引とどう違いますか。

名前からも分かるように、現物取引は現在の価格で資産を取引するメカニズムです。 取引決済は、一般的に取引日から2営業日以内に精算されます。

デリバティブ取引と現物取引を比較した際の違いは以下のとおりです。

  • 有形資産保有:ビットコイン投資家は実際にビットコインを所有し、売買できます。 反面、ビットコインデリバティブ投資者は実際にBTCを保有せず、契約を締結します。 この契約は先渡,先物,オプションスワップのような、ビットコインから価値を得るオプションである可能性があります。
  • 資産価格:現物取引において、トレーダーは継続的な市場価格で資産を購入したり交換したりします。 デリバティブ取引において、先物契約の購入者は先物契約が満了する度に資産を提供する販売者から基礎資産を買い取って受け取る義務があります。 このような条件において、購入者と販売者は将来、あらかじめ決定した価格で資産を取引することに同意する必要があります。 しかし、市場によって基礎資産の価格が変動し、契約に拘束された両当事者のいずれかが利益を得られます。 (デリバティブ)。
  • 精算期間:ほとんどの現物取引は、決済プロセスを考慮して取引が実行されてから2日以内に解決されます。 反対にデリバティブ取引は、将来の特定時点において決済又は取引を含みます。 ほとんどの仮想通貨デリバティブは、デリバティブ市場に流動性をもたらすために満了日に仮想通貨又は現金決済を取引します。 ただし、先物契約は一般的に、あらかじめ決められた期間が終わった時に精算されます。

簡単に言うと、現物取引は短期目標を達成する反面デリバティブ取引は長期展望に重点を置きます。

デリバティブの取引タイプ

Futures contract

先物取引

先物契約は最も人気のあるデリバティブ類型の中の一つです。 この取引は購入者に将来固定された価格で資産を販売することができる資産と販売者を購入する権利を与えます。 (日付に合意)。 ほとんどのトレーダーは、契約が満了する前に先物契約を締め切り、その過程で損益や損失を特定します。 一般的にトレーダーは先物契約を使用して、仮想通貨のような変動性のある取引のリスクをヘッジングします。

ビットコインを例にしてみます。 トレーダーが1BTCの価格が$18,000(2020年11月末)を超えた後に落ちると信じるのであれば、トレーダーは先物契約をヘッジとして使用し、現在のマージンを保護します。 トレーダーが1ヵ月満期の先物契約を購入すると仮定すれば、価格が$18,000以下へ下落すれば、トレーダーは収益を保護することができます。

しかし、逆のシナリオで、トレーダーは来月損失を被ることもあります。

先渡取引

先渡取引は先物取引と似たようなタイプの契約です。 しかし、先渡取引は中央取引所ではなく場外取引所に区別されます。 つまり、購入者と販売者は、両当事者間の購入及び販売契約を当事者間で定めることができます。 このような柔軟性にもかかわらず、取引者は管理機関の不在による危険があることを知っていなければなりません。

オプション取引

一方、オプションは個人が満期を迎えると、与えられた価格で基本資産を買収または販売する権利を持つデリバティブです。 しかしオプション契約には義務がありません。 オプション契約は2つのタイプが、

  • コールオプション:トレーダーと投資者に特定の価格と期間に資産を購入する権利を提供します。
  • フットオプション:トレーダーと投資家に特定の価格と期間に資産を販売する権利を提供します。

例えば、取引者がBTCあたり1BTCを1万5000ドルで買いたいと思っていますが、仮想通貨市場の変動性が大きく、価格も激しく揺れ動いていると仮定してみます。 このような状況でトレーダーは特定期間$15,000に1BTCコールオプションを選択します。 したがって、契約が満了し、ビットコインの価格が$15,000から$30,000に急増したと仮定すれば、トレーダーは$15,000(あらかじめ定められたオプションの割合)から1BTCを購入し、純利益で$15,000を得ることになります。

スワップ取引

スワップは、満期日や精算がない場合を除き、先物契約と似たデリバティブのタイプです。 トレーダーたちは基礎資産の価格と一致する価格を支払います。 一般的にスワップ契約はマージン基盤現物市場の概念を模倣する傾向があります。 従って、この方式はベース資産のインデックス価格と密接になります。 ただし、契約仕様により契約書における資金調達の割合、レバレッジ等が異なることがあります。

先物契約とは異なり、スワップは低い価格変動を見せ、ロングポジションを追求する投資者に適しています。

Perpetual contracts

仮想通貨取引におけるデリバティブの使用

ポジションヘッジング

仮想通貨取引者は、リスク管理のためにデリバティブを使います。 デリバティブは通常、流動性市場で将来の価格を推測するために使用されますので、トレーダーは一般的に価格変動から自身のポートフォリオを保護するためにこれを使用します。 例えば、仮想通貨トレーダーは特に市場の価格変動時の深刻な損失の潜在的リスクを緩和するため、逆方向にベッティングをするスワップでポジションをヘッジングします。

あなたが1 BTCを現物市場で$15,000で購入するとしてみましょう。 貴方は価格が落ちる可能性があると思います。 売りの代わりにスワップ市場でレバレッジでショートポジションを開くことができるので、BTC価格が高騰すれば現物取引で利益を得ることができます。 そしてBTC現物価格が下落すると、ショットポジション利益によって初期ポジションでの損失を最小限に抑えることができます。

今後の値動きの観測

仮想通貨取引においてデリバティブについてのもう一つの一般的な用途は、基礎資産を購入せずに価格に投資することです。 トレーダーは実際のビットコインやアルトコインを購入する代わりに、先物契約を買収することができます。 つまり、投資者は最小限の金額だけを支払うことができます。 したがって、基礎資産の価格が変動することにより、トレーダーはそれに応じて自身の位置を調整することができます。 ほとんどの投資家は、自身のリスクを管理するため、フットオプションを使用しています。

仮想通貨デリバティブを取引する利点。

  • レバレッジ(マージン取引):デリバティブの取引は総額の小さい部分(10%以下)で構いません。 投資家はレバレッジを使用して相当の金額を投資しなくても、利益マージン率を高めることができます。
  • 低いコミッション:デリバティブ取引はコストが効率的で手数料または実行手数料が低いです。
  • 変動性の保護:仮想通貨は変動性が多いため、デリバティブとして価格をあらかじめ決めることで、長期的な価格変動性を減らすことができます。
  • ヘージングに理想的: 資金保護を望む投資家にデリバティブは適切なリスク管理ツールを提供します。 双方向のヘッジングを考慮し、投資家はほとんどのリスクを克服することができます。
  • 多角化提供:デリバティブ取引は基礎資産の価格を先行と見なすため、投資家がポートフォリオリスクを最小化するのに役立ちます。 また、デリバティブ市場は市場の動きの把握に役立ちます。
  • 高い流動性:デリバティブ取引市場は需要が多いです。 研究によると、2020年5月の仮想通貨デリバティブの1日取引量が6,000億ドルを超え、機関投資家の関心をより多く集めるモメンタムを得ていることが明らかになりました。 このような積極的な動きにより、投資者は自身の利益を極大化するために様々な取引戦略を適用できる機会が生まれます。

仮想通貨デリバティブ取引の限界

デリバティブ取引のハイリスク:デリバティブは投資家がレバレッジを活用できるため清算されるリスクが常に増加します。 例えば、トレーダーがレバレッジを使用して10BTCへのショットポジションをするために$20,000のビットコイン先物契約を買いますが、市場はBTC当たり$18,000に急落する場合、トレーダーは自分のポジションで$20,000の損失をもたらすでしょう。

店頭デリバティブにおけるデューディリジェンスの欠如:OTC先物契約または先渡契約に関連する相対リスクがあります。 投資者は相手方に対する調査を実行できる方法がありません。 OTCが常に規程遵守手順に従っていないからです。

規制問題:世界中のあらゆる機関がデリバティブ取引を合法化するわけではありません。 先物契約と先渡契約に関連する二人の当事者の場合、二人ともデリバティブ取引が合法的な地域で運営されなければならず、失敗する場合、相手方を危険に陥れます。

誰が仮想通貨デリバティブを取引するべきでしょうか。

デリバティブ取引には限界だけでなく長所もあります。 デリバティブ取引の前提条件の一部は、下記の通りです。

  • ハイリスク:仮想通貨デリバティブを含むデリバティブ取引は、リスクの高い投資を好む投資者にのみ適しています。 制限付き資本または低リスクを好む投資家はデリバティブ取引を避けなければなりません。
  • 技術または基本分析に対する接近性:デリバティブ取引はマージンと市場を正しく読み取ることができる能力に依存するため、投資者は技術的、根本的な分析に対する完璧な理解が必要です。 仮想通貨市場は、激しい価格変動性で悪名高いです。 市場調査と理解が重要です。
  • 仮想通貨市場の理解:金融市場と違い、仮想通貨市場は新しい最先端の仮想通貨のような市場モメンタムを変えられる追加要因の影響を受けます。 仮想通貨デリバティブ取引に関連する投資家は、最新のプロジェクトと仮想通貨産業をめぐる新しい規定を知っていなければなりません。

仮想通貨デリバティブ取引のためのこのような前提条件を考慮し、デリバティブに対する理想的な投資家は下記の通りです:

機関投資家:機関投資家は市場を分析できる正しいツール、資源を保有しており、これは仮想通貨デリバティブとして取引するのに理想的な位置にあります。 彼らはレバレッジを使用して収益を高めたり、仮想通貨取引において下方リスクを制限できます。

採掘者または仮想通貨新生企業:ビットコインやアルトコインの採掘に関与する採掘者の場合、デリバティブに投資するのが合理的です。 競争が激しくなり、採掘が以前よりも難しくなるにつれて採掘が困難になりました。 採掘者は先物などのデリバティブとヘッジすることで所得源を多様化することができます。 それは彼らが未来の自分の利益を守ることができます。 同様に、仮想通貨で資本を保有するブロックチェーンプロジェクトや仮想通貨スタートアップは、リスク管理のためにデリバティブを使用できます。

熟練した投資家:仮想通貨市場に理解を持つ投資家、技術的および根本的な分析はデリバティブ取引に適しています。 取引の前に派生に関連するリスクを理解することが必須です。

仮想通貨デリバティブを取引する方法は?

  • 仮想通貨デリバティブの取引を計画する投資者のための第一段階は、仮想通貨デリバティブ取引ができる仮想通貨又は既存の取引所に登録することです。 次は、仮想通貨取引者が従うべき段階別のプロセスです。
  • マージン、決済期間、メーカーとテイカーの手数料及び適用可能な引き出し限度を含め、様々な仮想通貨取引所が提供する機能を比較します。 手数料に最も適した価値を提供する仮想通貨取引所を選択してください。 評判も大事です。 Bybitは、考慮しなければならない最高のデリバティブ仮想取引プラットフォームの中の一つです。
  • 仮想通貨取引、完全なKYC、フィアットまたは仮想通貨送信アカウントで資金を調達してアカウントを開設してください。
  • トレーダーが取引に関心のある仮想通貨デリバティブに焦点を合わせます。 マージンの作動方式を理解し、マージン率を選択します。 新しい投資者は初めに最小マージンを活用しなければなりません。
  • 限界預金を通じて先物契約をご購入ください。
  • 先物契約を締切日まで保有します。 満期期間が終わる前にポジションを閉じて収益を記録するか、損失を実現してください。

理想的には、投資家はデリバティブと取引する前に、戦略を開発する必要があります。 一部の取引所はネイティブトークンに対してより低い手数料を提供するので、費用効率性のために使うのが賢明かもしれません。

最後に

仮想通貨デリバティブ取引は、投資家にいくつかの成長見通しを提供します。 要領は仮想通貨デリバティブ取引を始める前に、戦略を考案することです。 トレーダーは、初回取引を行う前にデリバティブ取引に関するリスクを分析し、理解しなければなりません。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles