トレーディングにおけるショートポジションとロングポジションとは?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

ロングかショートか?それが問題なのです。トレーディングにおいて、資産(この場合は仮想通貨)の価格上昇から利益を得ようとするトレーダーが発注する買い注文をロングポジションと呼びます。一方、ショートポジションとは一般的には弱気の市場で出される売り注文の事です。

ロングとショートの概念は単純ですが、ロングとショートそれぞれの取引原理を理解することは、すべてのトレーダーにとって必須です。

ショートポジションとロングポジションとは何か?

ロングポジションとショートポジションは、利益を確保するために必要な価格の2つの潜在的な方向性を示しています。ロングポジションを取るトレーダーは、価格がある時点から上昇することを期待します。逆にショートポジションを持つトレーダーは、価格がエントリーポイントから下落することを期待します。

また、ロングにすることは仮想通貨を購入することやロングポジションを建てることに相当し、ショートにすることは仮想通貨を売却(空売り)することに相当します。

ロングポジションでは、トレーダーは仮想通貨を購入し、価格が上昇したら売ろうと考えています。トレーダーの中には、ショートよりもロングを好む方人は沢山います。このようなトレーダーは、強気の市場から利益を得ようとするため「ブル(投資家)」と呼ばれています。

このようなトレーダーの傾向は特に仮想通貨市場に当てはまり、基本的には拡大に向かっています。より大きな時間軸で見ると、時価総額で最大のデジタル通貨であるビットコインは、10年以上前にリリースされて以来、高値を形成し続けています。

2021年の初めには、ビットコインは史上最高値を更新しました。この高値更新は、同様に強気の市場から恩恵を受けるほぼ全ての仮想通貨にも当てはまります。そのため、空売りをしている人が市場に逆らって取引をすることがよくあります。

仮想通貨市場は徐々に拡大していますが、一方でほぼ全ての暴騰の後には大きな調整が行われる為、ベア投資家にも十分な利益獲得の余地があります。仮想通貨を空売りをする人は、その価格が下落することを期待しています。

Bybitを含む多くの仮想通貨取引所では、ユーザーがロングポジションとショートポジションを簡単に開くことができます。これらの取引所の多くは、ワンクリック取引オプションを提供しており、トレーダーは「買い」または「売り」をクリックして、それぞれロングポジションとショートポジションを開くことができます。

ロングポジションとショートポジションという概念は普遍的なもので、あらゆる市場や資産に対応しています。さらに、原資産の価格を追跡する取引可能な商品であるデリバティブのようなハイブリッド投資商品と統合することもできます。

このように、デリバティブは実際にはその資産を所有することなく、その資産に対してロングポジションを取ることを可能にします。例えば、先物取引所では、仮想通貨を売買することなく、ビットコインの価格の変動を利用することができます。デリバティブは、資産の価格変動に賭ける一種の賭けと考えることができます。

トレーダーはロングとショートを組み合わせて、潜在的な損失を最小限に抑えることができる信頼性の高いヘッジ戦略を立てることができます。

ショートポジションとロングポジションの違い

ショートポジションとロングポジションは、もともと拮抗しています。ロングトレードが利益を生んでいるときに、同じデジタル資産のショートトレードが残高を奪っているのです。

またブルとベアの心理的な一面としては、ベアが保守的な傾向にあるのに対しブルはリスクを取って新しい戦略を経験することを好む、という意味でも異なります。しかし、これらはあくまでも固定観念に過ぎません。強気の市場では空売りもリスクを取っています。 

ショートポジションを理解する

前述のように、ショートトレードは仮想通貨の価格下落に対して賭けたときに利益を生み出すものです。一般的に仮想通貨を空売りするときは、不換通貨であれ仮想通貨であれ、引用通貨を買います。したがって、ビットコインを売る場合は、米ドル、USDT、またはその他のアルトコインやフィアット通貨を買います。

トレーダーが、デジタル通貨の価格が下がると予想する場合にはショート(空売り)するべきです。例えば、あなたがデイトレーダーで、ビットコインの価格が数日から数週間の間に下落すると感じている場合、ショートポジションを開くことに興味があるでしょう。ビットコインを不換通貨で売って、より低い価格で買うか、先物、オプション、差金決済取引(CFD)、その他のデリバティブでショートすることができます。

ショートポジションを建てる前に

言うまでもなく、まず市場を分析してから判断するべきです。デイトレーダーは、テクニカル分析とファンダメンタル分析の両方に頼るべきでしょう。DeFiトークンを取引する場合、そのプロジェクトが実行可能かどうか、有名なブロックチェーン投資家からの投資を確保しているかどうか、あるいは老舗企業と提携しているかどうか等を確認するとよいでしょう。

ソーシャルメディアやニュースサイトの感情的な書き込みをチェックすることもできます。ファンダメンタルズ分析に加えて、プライスアクションそのものを分析することもできます。また、インディケーターを使ったり、チャートパターンを調べたりすることもできます。

ショートポジションを建てた後に

価格の調整や下降トレンドを予想するチャートパターンやローソク足のパターンがあります。弱気のチャートパターンの例としては、ダブルトップ、ヘッドアンドショルダー、トリプルトップなどがあります。弱気のローソク足としては、ハンギングマン、シューティングスター、墓石童子などが挙げられます。

トレーダーの中には、仮想通貨の価格が信頼できるサポートレベルを割り込んだときにショートを好む人もいます。これは、チャネルが強気、弱気、水平のいずれであっても、価格がしばらくの間チャネル内で取引されている場合に特に関連する手法です。

また、チャネル内での価格変動を利用してショートすることもできます。この場合、ブレイクアウトを待つ必要はありません。むしろ、価格がチャネルの抵抗線に触れているときに、価格が再びサポートレベルを試しに行くことを期待してショートすることができます。

どのような分析をするにしても、ショートポジションを建てる場合には価格が下落するという確信が必要です。そうでなければ、市場に逆らって取引することになってしまいます。

ロング取引を理解する

市場が強気であれば、トレーダーはロングポジションを取ることに興味を持つでしょう。ロングポジションを開くことで、2017年末に見られたような上昇時や、2020年11月に始まった現在の長期的な上昇時に、巨額の利益を得ることができます。

ロングポジションを建てる前に

先に説明したように、取引をする際には自分の判断を信頼でき得る市場分析で裏付けなければいけません。価格が強力な抵抗線を突破するまで待つか、しばらく続くことを期待して、進行中のラリーの間にロングすることができます。

資金力が豊富な投資家が好む別のアプローチは、単純に仮想通貨を購入して保持することです。この場合、彼らは積極的に取引するのではなく、修正や調整があっても仮想通貨の価値が上昇することを期待して、数ヶ月から数年にわたって保有するだけです。

この戦略は多額の資金を必要とする為、ビットコインやアルトコインの短期的な変動に投機しようとする個人トレーダーには適していません。補足すると、大口トレーダーは現在の市場動向に反して、ディップを買ってリップを売る、つまり価格が修正されているときにロングをします。

デイトレーダーは、価格が相対力指数(RSI)やストキャスティックRSIの売られすぎのレベルに触れるまで待ってロングをすることがあります。

また、買いトレーダーは、ダブルボトム、逆ヘッドアンドショルダー、アセンディングトライアングル(上昇三角形)、ハンマーなどのチャートパターンを利用することができます。また、利用できる強気のローソク足パターンとしては、ハンマーやトンボ童子などがあります。

ロングポジションを建てた後に

仮想通貨市場は、外国為替や株式に比べて成熟していないことを常に留意しておいて下さい。ゆえに、価格動向に驚かされることが多い為、テクニカル分析がそれほどうまくいかない事があります。それでも、トレンドに変化をもたらす全ての要因を考慮する必要があります。

ブルトレーダーにとって朗報なのは、特定の長期目標がないFXペアとは異なり、デジタル通貨は会社の株式のように機能するということです。そして仮想通貨は主に米ドルに対して取引され、高値で推移する傾向があります。

すべての金融市場でショートやロングができるのか?

答えはイエスです。トレーダーはどんな市場でもロングやショートを実施します。実際、これは市場に関係なくトレーディングの定義そのものであり、それ以外のことはできません。

デリバティブを取引する場合、ロングとショートにはより複雑な形態があります。例えば、オプションを取引する場合、ロングとショートをいくつか組み合わせて使います。

オプションとは、原資産を所定の権利行使価格で、特定の日またはそれ以前に売買する権利(義務ではない)を保有者に与える契約です。すべての金融市場で非常に人気があります。原則として、トレーダーはコールオプションをロングに、プットオプションをショートに使用します。

しかし、これらを混ぜて使うこともできます。例えば、コールオプションをショートすることも、プットオプションをショートすることも可能です。コールオプションをショートすると、その特定のコールオプションの結果に対して弱気になりますが、コールオプション自体は強気です。したがって、原資産の価格に対して弱気になるということです。同様に、コールオプションとプットオプションの両方をロングすることもできます。

最後に

トレーダーは正しい判断をする為にトレンドを理解しようと努力しますが、ロングやショートのポジションは仕事の半分に過ぎません。しかし、ロングやショートは仕事の半分に過ぎませんが、最適なエントリーポイントを見つけることは非常に重要です。 

最後になりましたが、一部の仮想通貨取引所では証拠金取引を提供しており、ロングおよびショートポジションの対象を大幅に拡大することができます。しかし、レバレッジを使用した場合のリスクは、自分の資金だけで取引する場合よりも高いことを認識しておく必要があります。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles