ベアフラッグパターンとは何か?どのようにトレードするのか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

トレンドを見極めることは初心者にとっては大変難しい作業です。しかし、トレンドはトレーダーが市場の動きを見極めるのに役立ち、大金を稼ぐ取引戦略を考え出すのに役立ちます。

ベアフラッグパターンは、一時的な価格の反転であるプルバックを経て、弱気の下降トレンドが継続することを予想します。

経験豊富なトレーダーは、自分の投資目的を達成するためにトレンドを見極めることが多いです。初心者でも経験豊富なトレーダーでも、ここではパターントレードについて学ぶ方法をご紹介します:

ベアフラッグパターンとは何か?

ベアフラッグパターンは、通常、ローソク足チャート上で形成されるパターンです。このパターンは、引け前の急な下げを表すフラッグポールと、実際のリトレースメント(戻り)を表すフラッグ自体から形成されます。

What does a bearish flag look like?

トレンドの延長線上にあるため、ベアフラッグチャートはトレンド継続パターンとみなされます。まずこの価格パターンは、新しいサポートレベルが形成されるまで下降トレンドを形成していきます。

この時、フラッグは上方のコンソリデーションチャネルの形で出現します。しばらくすると、価格はフラッグのサポートレベルを下にブレイクし、弱気のトレンドが続きます。これは、仮想通貨のトレーダーに対して、価格の下落から利益を得られるようにショート(空売り)ポジションを開かせるシグナルとなります。

パターン分析は仮想通貨にも有効か?

仮想通貨は、ブラックマーケットで取引する複雑な金融商品と誤解されがちです。最も純粋な形では、仮想通貨はFXによく似ています。それは、法定通貨ではないものの交換媒体です。

したがって、伝統的なFX市場で機能する継続パターンのほとんどを仮想通貨の取引でも利用できます。

それでも、ビットコインやほとんどのアルトコインは非常に変動が激しく予測不可能です。そのため、リスク管理の手法を用いる必要があります。

ベアフラッグとの関連性を高めるには、移動平均などのテクニカル指標を活用したり、出来高の指標に注目するとよいでしょう。通常、フラグのポールが形成されると連結までの間に弱気のボリュームが増加します。これは、弱気の感情が強く、コンソリデーション(統合)が一時的なものである可能性を示しています。

ベアフラッグパターンは、株式市場、外国為替市場、商品市場などで数十年にわたって使用されてきました。そのため、仮想通貨トレーダーは、ブルフラッグとともにこのベアパターンを採用していますが、これについては説明を進めます。

ベアフラッグパターンの見分け方

ベアフラッグパターンには、ポールとフラッグという2つの重要な要素があります。他に注意すべき要素は、ボリューム指標とブレイクアウトです。ここでは、チャート上で何を見るべきかを説明します。

  • まず、フラッグポールを決定しなければなりません。フラッグポールは、強い弱気のモメンタムによって引き起こされた最初の価格下落と一致します。この時点では、出来高の指標が上昇する一方で、下降の動きが急になることがあります。
  • 次に、ベアフラッグを価格が下落した後のコンソリデーションチャネルの形で見ることができます。これは、チャネルが上方を向いているため、値動きが引き戻され始めた瞬間を示します。
  • この時点では今後2つの可能性が考えられます:値動きが上昇を続けるか、チャネルを下に抜けて一般的な下降トレンドを取り戻すかです。1つ目のシナリオでは、下降トレンドが反転しているためフラッグパターンは全く発生しません。しかし、2つ目のシナリオでは、価格がフラッグのサポートを下抜けた後ショート(空売り)することができます。
  • 最後に、価格がコンソリデーションチャネル(フラッグ)を下抜けしたら、売り注文を出す事が多いです。ほとんどのトレーダーが利益目標を測る為にフラッグポールを使います。つまり、フラッグポールの距離を利用して、価格パターンがどこまで下落するかを計算することができるのです。しかし、より保守的なトレーダーはフラッグチャネルの高さに等しい、よりコンパクトな利益目標に頼ることが多いです。
Indicators of a bearish flag

振り返ってみると、ベアフラッグパターンの主な要素は以下の通りです:

  • 先行する弱気の動きであるフラッグポール
  • 上向きのコンソリデーションチャネルであるベアフラッグ
  • 価格がフラッグのサポートを下抜けしたときに発生するブレイクアウト
  • 目標株価は、一般的にフラッグポールの距離に等しい。

ベアフラッグパターンとブルフラッグパターンの解説

ブルフラッグパターンは、ベアフラッグパターンの双子のようなものです。このパターンは強気の市場で現れます。この2つのパターンは似たような構造をしています。唯一の大きな違いは、トレンドの方向性です。ブルフラッグパターンは、上昇トレンドの時に現れます。したがって、ブルフラッグポールは上昇線を表しています。

フラッグ自体は下向きになっており、一時的な調整を表しています。価格がフラッグの抵抗線を上抜けしたら、トレーダーはロングポジションを持ちたいと考えます。ストップロスと利益確定のルールは実質的に同じですが、互いに反転しています。

ベアフラッグとブルフラッグの二次的な違いの一つに、出来高があります。ブルフラッグパターンが現れたとき、ボリュームはポールのときに増加し、コンソリデーションのときに減少する傾向があります。しかし、ベアフラッグパターンの場合、ボリュームインジケーターの挙動は同じではありません。この指標もフラッグのポール中に増加しますが、減少するのではなく同じレベルを維持する傾向があります。

ベアフラッグ

フラッグパターンは何を示すのか?

フラッグは、既存のトレンドが売られすぎ(下降トレンドの場合)または買われすぎ(強気トレンドの場合)のレベルに達したことを示します。その際、市場は休息を必要としています。したがって、急な値動きの後は、しばらくの間逆方向に動くことになります。

プルバックが終わると、価格は現在のトレンドの方向に動き続けます。

より良いシグナルを得るためには、フラッグパターンとオシレーターの1つを組み合わせることが有効です。例えば、相対力指数(RSI)を利用することができます。強気の市場では、ポールに続くフラッグの要素は買われすぎのレベルを表示することがあります。

BTCUSDのRSIチャート

ベアフラッグパターンを用いて仮想通貨を取引する方法

他のチャート形状に比べて、ベアフラッグパターンでの取引は非常に理解しやすいものです。フラッグチャートパターンのダイナミクスだけを頼りに弱気の市場から利益を得るための戦略を考えることができます。ここでは、フラッグパターンに基づく標準的な取引システムの重要なポイントを説明します。

エントリー:フラッグは継続パターンですが、だからといって価格がフラッグのサポートを下抜けした直後にショート(空売り)オーダーを入れるべきではありません。むしろ、誤ったシグナルを避けるために、下降トレンドの確実な確認を待つべきです。

トレーダーは通常、ローソク足がフラッグのサポートラインの下でクローズするのを待ち、次のローソク足でショート(空売り)します。忍耐と規律は、特にデイトレーダーにとってそして特にボラティリティの高い仮想通貨を取引する際には非常に重要です。

ストップロスオーダー(逆指値注文): 価格が反対方向に動いている場合は、逆指値注文を使って潜在的な損失を抑える必要があります。トレーダーは通常、逆指値注文をフラッグの抵抗線の上に置きます。

例えば、ビットコインを1時間足チャートで取引するとします。フラッグの下値ラインが42,000ドル、上値ラインが43,000ドルの場合、43,000ドルの上に逆指値注文を置きたいと考えます。

利益確定: 前述したように、保守的なトレーダーはフラッグの平行なトレンドラインの距離を利用して利益目標を設定する傾向があります。この例では、2本のラインの差が1,000ドルなので、ブレイクアウトのエントリーポイントである価格41,800ドルにこの金額を加えます。したがって、目標価格は40,800ドルとなります。

よりアグレッシブなトレーダーは、フラッグのポールを(フラッグ自体を使わずに)使って目標価格を設定することがあります。しかし、市場価格はそれよりも早くサポートレベルを見つけるかもしれません。お勧めは、過去の強力なサポートレベルを確認することです。もしそれがあれば、パターンの予測に反して今回も同じ動向をたどる可能性があります。

ターゲット

ブレイクアウトしたらどうなるか?

注文を出す前に、ブレイクアウトポイントまでのベアフラッグパターンの推移を見ておく必要があります。ブレイクアウトは、値動きが定義されたサポートまたはレジスタンスレベルを超えたときに起こります。フラッグのリトレースメント(戻り)は、ポールと比較して50%を超えてはいけません。

フラッグポールに対してプルバックが38%以下であることが理想的です。これらの条件の下でブレイクアウトが発生した場合、ショート(空売り)の準備をしておく必要があります。前述したように、フラッグのサポートラインの下でローソク足が閉じるのを必ず確認し、次のローソク足でショートポジションをオープンします。

フラッグパターンでの取引を成功させるためには、エントリーの目標価格と売却のポイントを決める際に、常に出来高を参考にするのが賢明です。そうすることで、ブレイクアウトを確認したり、ブレイクアウト後の勢いを推測したりするのに役立ちます。

ベアフラッグは信頼できる指標か?

はい。ベアフラッグはダブルトップやヘッドアンドショルダーと並んで、最も人気のあるプライスアクションパターンの一つとされています。しかし、特に仮想通貨を取引する場合には、このパターンが提供するシグナルがすべて100%正確であるとは限りません。価格がパターンのルールに反した場合の潜在的な損失を抑えるために、リスク管理テクニックを使用します。ストップロス(逆指値)は、最も基本的かつ強力なリスク管理ツールの1つです。もう一つの素晴らしい方法は、1%ルールに従うことです。これは、1つのトレードに1%以上の費用をかけるべきではないという事です。

ベアフラッグパターンの3つのメリット

ここでは、ベアフラッグパターンの主な利点を紹介します:

  • 汎用性:ベアフラッグパターンは、仮想通貨を含むすべての市場で使用できます。ビットコインやアルトコインを取引する際には、H15、H30、H1、H4、D1など、すべてのタイムフレームでこのパターンを確認することができます。このパターンは、デイトレーダーにもスイングトレーダーにも好まれます。
  • 明確なエントリーとストップロスのルール:ベアフラッグパターンの最大の利点は、トレーダーがいつショートポジションをオープンするか、どこにストップロスを置くか、そしてどのくらいの利益を期待するかを正確に把握できることです。また、より保守的なトレーダーが考慮すべき2つの主な利益目標があります。
  • リスクとリターンの比率:トレーダーはベアフラッグやブルフラッグを活用して取引する際、有利なリスクとリターンの比率を得ることができます。このチャートフォーメーションが毎回機能することを保証することはできませんが、トレーダーは長期的な戦略で安定した利益を得ることを計画できます。

パターンを使うことのリスク

他のパターンやテクニカル分析戦略と同様に、トレーダーはパターンの取引に伴うリスクを認識する必要があります。ここでは、フォーメーションの主なデメリットを紹介します:

  • 複雑性:視覚的にはわかりやすくシンプルなパターンのように見えますが、実際には扱いがとても難しいです。これは、初心者にとって困難な課題です。とはいえ、デモ口座で練習をすれば、取引機会のためにパターンを見極める能力を高めることができます。
  • リスク:リトレースメント(戻り)が予想以上に長く続くことがあります。フラッグがポールの50%よりも大きい場合には失敗のリスクがはるかに高い為、その際にはパターンに頼らないで下さい。一方で、パターンが理想的に見えても価格がルールに従わない場合もあります。特に、変動が激しく予測不可能な仮想通貨の場合はそうです。フラッグのサポートを割り込んだ直後に価格が反発し、ストップロスが発生することもあります。しかし、それで落胆する必要はありません。より良いシグナルを得るためには、テクニカル分析指標を使ったり、出来高を見たりすると良いでしょう。

最後に

テクニカル分析を用いた取引では、短い時間軸で実行したいと思うかもしれませんが、最良の結果を得るには長い時間軸が必要です。例えば、フラグ関連の戦略をH4時間枠以上で実施することが良い例です。

リスクや潜在的な損失を最小限に抑えるために、経験豊富な仮想通貨トレーダーは、デモアカウントでパターンのルールを練習するか、少額の資金から始めます。そうすることで、フラグの形成をより簡単に識別し、それに応じてルールを実行することができます。

貴方のトレードの旅に幸あれ!

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles