過剰買い vs 過剰売り シグナル:違いとは?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

資産が過剰売りレベルに達する時、それは反転の期待値が高いところから価格変動が極端に上向きになることを意味します。逆に、価格の過剰売りレベルは、極端な売り圧力のあと反転ポイントの可能性を示します。

どちらにしても、資産の極端なブリッシュ(強気)またはべリッシュ(弱気)の価格変動が見つかれば、市場から撤退する兆候です。しかし、トレーダーは、取引結果に影響を与える可能性のある過剰買いと過剰売りのシグナルの差別化を試みる時に困惑することがあります。

次の項目で、過剰買いと過剰売りの状況の核となる違いと最適な利用方法をお話しします。

過剰買い、過剰売りとは?

過剰買いと過剰売りはその本質的な価値と関連する資産の価格を表します。これはニュース、収益報告、周辺の傾向で決まる市場状態を表すシグナルに繋がります。例えば、イーロン・マスクのツイートで近年ビットコインが下落したのもその1つです。

資産が過剰買いされる時、それは価格が長期間強気モメンタムにいることを意味します。従って、本来の価値より高価格で取引が行われます。結果としてトレーダーは資産が高すぎるというコンセンサスに陥り、急落が起こることを示します。従って、反転と撤退が差し迫り、資産の価格が下落します。.

過剰売り市場は、資産が現在の価格の価値を下回って取引されることを示します。これは、資産が長期に渡り割安価格で売られる時に起こり、すでに史上最低価格に達してることを示してます。過剰買い市場とは対照的に、過剰売り市場は上向きになり、資産の価格を急騰させます。

過剰買い vs 過剰売り どのように機能するのか?

ここでは強気傾向後の下降修正と弱気傾向後の上昇修正がある場合、仮想通貨市場の価格はジグザグに動きます。そのため、価格分析の中核は、現在の傾向の変換を意味し、極端な価格反転ポイントとなります。

そのため、過剰回と過剰売りレベルは金融市場における輪ゴムのような働きをします。

でも どうやって?

輪ゴムを伸ばして放すと、通常の位置に輪ゴムは戻ります。速さは伸ばした長さによります。長く伸ばすほど、元の位置に戻る速さも速いです。

同様に、金融市場で現在の傾向が過剰買いまたは過剰売りゾーンに動くと、価格が並行ゾーンに戻る可能性も上がります。

過剰買い価格の実例を見てみましょう。

上記の画像でわかるように、価格は強い買い圧力で上昇し、過剰買い価格を示してます。

次に、過剰売り価格の例を見てみましょう。

ここれでは、修正もなく強い売り圧力で価格が下がってるのがわかります。つまり過剰売り価格を示してます。

市場が過剰売り、過剰買いされる場合の見分け方

上記の項目で、上向きまたは下向きの継続的な動きはそれぞれ過剰売りまたは過剰買い価格として考えられるのがわかります。

しかし、反転が起こる可能性をどこで見分けられるのでしょう?過剰買いまたは過剰売り指標が求められるのでしょう?

まずは、チャートを観察することで過剰買いまたは過剰売りを見つけることができます。価格が上昇し影響の大きいレジスタンスに到達した時、急降下し、サポートで上昇するのがわかります。下記の画像を参照ください。

しかし、この方法には1つ欠点があります。価格が水平レベルから反転してるかどうかはわからないという点です。そのため、トレーダーは、オシレーターのようなテクニカル分析指標を使って過剰買いまたは過剰売り市場を見つける可能性を高めます。

RSI 指標の測定値とレンジ

相対力指数(RSI)はオシレーター系のテクニカル分析で最も人気の高く、幅広く使われてる過剰買い/過剰売り指標です。RSI指標は過剰買いや過剰売りゾーンの可能性をメインの価格チャート下の別のウィンドーで表示します。

一般的にRSI価値は0から100の間で動きます。

RSIの過剰買い、過剰売りの測定値は下記です。

  1. 70以上のレベルは過剰買い測定値として考えられます
  2. 30以下のレベルは、価格が過剰売りの領域に入ってると考えられます。

最初に、トレーダーは過剰買いまたは過剰売りの測定値チャートで読み取ってから、RSI測定値で確認する必要があります。

上記の例では、ビットコインの価格がレジスタンスレベルに動いてることがわかる一方で、RSI指標は70以上に移動してます。これらの指標測定値はどちらも過剰買いレベルを示している時、価格は強い売り圧力で下降します。

ストキャスティクオシレーター

ストキャスティク・オシレーターはRSI指標と似てますが過剰買いまたは過剰売りレベルとして70と30の代わりに80と20を使用します。

RSIのように、ストキャスティク・オシレーターも0から100の間を移動します。測定値が20以下80以上に達した時、価格反転を待つ時です。

ストキャスティク・オシレーターを使って過剰買いレベルを見分ける方法を見てみましょう。

ここでは、過剰売り価格が水平サポートレベルを下回っているのがわかります。その間、ストキャスティク・オシレーターが20レベルを下回っています。結果として、買い手が過剰売りエリアから動き始めるため価格が上昇します。

RSI測定値はMACDより最適?

相対力指数や移動平均収束拡散手法(MACD)は共に価格反転ポイントを見分けるための過剰買い/過剰売り指標の役割をします。しかし RSI指標はMACDよりも結果として信頼性は高いです。

統計データによると、RSIはMACDに比べて成功率が高く、失敗の兆候が低いことがわかります。一方でMACDは関連する特定の取引のシナリオで効果を出します。他にもRSIがMACDを上回ってる要因があります。

下記がその要因です。

  • MACDはトレンド市場で機成し、修正相場やチョッピー相場で正確なシグナルを出す確率が低く、RSIは良い結果をもたらす。
  • シグナルナンバーに関してRSIはMACDより少ないシグナルを出す。しかしRSI指標の強みは変わらない。
  • さらに、RSIはMACDよりファンダメンタル分析に適しています。
  • 仮想通貨市場で、取引数を減らし、精度を上げるためにMACDよりRSIを使う方が良い。

上記の画像では、MACDがどのように間違ったシグナルを出すか分かる一方でRSIでは出ていません。

過剰買いと過剰売りレベルの信頼性は?

金融市場取引において、私達はテクニカル分析を利用して過去の価格データを基に価格変動を予想します。確率で取引をする時私達はできるだけ成功の確率を高めようとします。

過剰買いや過剰売りレベルを考慮する際、私達の主な目標はこれらのレベルを取引の戦略に取り入れ、安定した利益を作るチャンスを上げることです。しかし、単独でストキャスティク指標やRSIシグナルを頼ろうとする場合、損失を出す可能性が高まります。

では、オシレーターを利用する最適な方法は?

最適な方法はプライスアクション分析と並行して二次確認する目的でオシレーターを同時に利用することです。

例えば、プライスアクショントレーダーであれば、恐らく市場傾向を確認し価格が強気傾向でサポートレベルから上昇する時のみ取引するでしょう。

その場合、価格がサポートレベルから上昇し、同時にRSIが30以上に移動した場合、強いブリッシュの可能性を考慮できます。

過剰買いや過剰売りレベルを信頼できると、これらが簡単に取引戦略の一部となり得ます。しかし、金銭的目標を達成するにはテクニカルツールを利用する必要があります。ほとんどのモメンタム指標は価格がトレンドの中で動く時に役立ちます

過剰買いと過剰売りレベルで取引する方法

金融市場の取引は過剰買いや過剰売りレベルのようなツールを利用して利益を出すための実践的アプローチが必要です。知識を集約して過剰買いや過剰売り戦略に落とし込めれば、利益を出すチャンスが生まれます。

過剰買いや過剰売りレベルを利用して利益を生む取引戦略を見てみましょう。

テクニカル指標の利用

  1. 指数平滑移動平均線(EMA)20値
  2. 単純移動平均(SMA) 20値
  3. ストキャスティク・オシレーター

買い/売り 取引の方法

  • 価格がSMA200を超えて取引された場合、長期トレンドは強気と言えます。同様に、価格がSMA200以下で取引された場合、長期トレンドは弱気と言えます。
  • 買いの場合20 EMAは200 SMAを上回ってる必要があり、売りの場合 200 SMAを下回ってる必要があります。
  • 買い取引をするためには、価格が20 EMAを下回り、200 SMAを上回り、ストキャスティク・オシレーターが20から上昇するのを待ちます。
  • 逆に、売り取引の場合、価格が200 SMAを下回り、ストキャスティク・オシレーターが80を下回るのを確認します。

ケースシナリオの例

過剰売りレベルから買い取引を行う方法をみてみましょう。

上記の画像のように、全体の市場傾向は強気で、価格が20 EMAを下回り、短期的な売り圧力を示してます。市場全体が強気のとき、ストキャスティク指標が20を超えたあと価格はロウソクが閉じてすぐ上昇します。

損切りレベルが最新のスイングローを下回り、利益確定は近い将来重要なレジスタンスレベルで決まります。

次に、ベアリッシュのシナリオと売りポジションの開始の説明をします。

上記の画像のように、市場全体の傾向が弱気で、価格が20 EMAを上回り、短期的買い圧力を示してます。

市場全体が弱気の時、ストキャスティク・オシレーターが80を下回ったあと、ベアリッシュロウソクが閉じてすぐ価格は下降します。損切りレベルが最新のスイングハイを上回り、利益確定は近い将来の重要なサポートレベルで決まります。

最終的な考え

過剰買いと過剰売りのシグナルについて学んだことをまとめましょう。

  • 過剰買いと過剰売りレベルは影響の高い価格ゾーンとして機能し、そこから反転の可能性がある。
  • これらのレベルは外国為替、株、仮想通貨、インデックスを含む、どの金融市場に関わらず適用。
  • 過剰買いや過剰売りはチャートの確認、指標の利用などテクニカル分析を使って示すことが可能。
  • 人気の過剰買いと過剰売り指標2つは、RSIとストキャスティク・オシレーター。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles