強気の市場 vs. 弱気の市場:どう違うのか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

強気の市場と弱気の市場の主な違いを理解することは、私たちの投資ポートフォリオにおいて重要な役割を果たします。また、それぞれの市場の主な特徴を知ることで、適切なリスク管理戦略を立てることができます。

強気または弱気のトレンドは市場の状況を変え、トレーダーの感情に強い影響を与えます。近年、仮想通貨は弱気相場と強気相場の間で揺れ動いていますが、トレーダーはマクロトレンドに応じて戦略を変更し、適応しています。

しかし、それだけではありません。

このガイドでは、強気市場と弱気市場の主要な違いを理解していきます。その目的は、それぞれのトレンドの解剖学(より詳細)を理解し、リスクやデジタル資産へのエクスポージャーを向上させるために、どのパターンに従えばよいかを理解することです。

ブル(強気)とベア(弱気)はどのようにして決まるのか?

ブル(強気)とベア(弱気)はどちらも強い動物で、一般的にはそれぞれ攻撃性やとその強さに関連しています。この用語は、この2つの動物がどのように相手を攻撃するかに大きく関係してます。例えば、ブル(雄牛)は角を上に上げて敵を攻撃することが多いです。一方、ベア(熊)は前足を下に振り下ろし、相手を地面に押し付ける傾向があります。

面白いですね。でも、まだあります。

この2つの攻撃スタイルが明確に定義されたことで、金融市場やアナリストは、異なる市場サイクルやマクロトレンドを参照するためにこの2つの言葉を使い始めました。この2つの言葉が金融アナリストの間でどのように使われているかを理解することで、市場の方向性をどのように解釈していくかが明確になります。

強気の市場 vs. 弱気の市場 それぞれの意味は?

強気市場と弱気市場には顕著な違いがあります。次項では、強気市場と弱気市場の仕組みや特徴などを解説します。

強気の市場動向を解説

強気市場とは、株式、商品、仮想通貨、FXなどの価格が上昇する金融市場における上昇トレンドのことです。強気市場は、実体経済においても言及することができます。

例えば、仮想通貨や株式が高い価格帯に動くときには、実体経済も生産・拡大しています。一般的な強気市場の局面では、人々はより多くの支出をする傾向があります。企業は新しい投資機会を探したり、製品やサービスを拡大したりします。

仮想通貨というと、分散型プラットフォームに多くのユーザーが集まっているイメージがあります。取引手数料が高くなり、送金の処理に時間がかかるようになりました。これは、暗号空間で大きな活動が行われていることを示しています。

強気の市場では、投資家は金融市場でより多くのお金を稼ぐ傾向があります。明確なリスク管理戦略を持っていれば、強気の市場で利益を計上できる可能性は高いでしょう。

利益を出すのは簡単ですか?

トレードは簡単ではありません。実際、強気の市場では、頂点に達するまでの間に調整が行われる傾向があります。このような調整は、一般的には強気の市場から投資家を排除するのに役立ちます。強気の市場で売りを選択する投資家は「弱い手」と呼ばれます。逆に、強い手は押し目が起こった時にポジションを増やします。

弱気の市場動向を解説

強気市場がポジティブなトレンドを表すように、弱気トレンドは株式や仮想通貨などの金融市場のネガティブなトレンドを示します。

実体経済で弱気のトレンドといえば、企業が風前の灯火となり、従業員が解雇され、投資計画が将来に先送りされる状況を指します。仮想通貨市場では、取引量が減少し、市場に対する一般的な関心が薄れていく様子が見られる一方で、dAppsが新規ユーザーを受付しないことが見られるかもしれません。 

弱気な市場は資産価格を下落させます。弱気な市場では、ボラティリティーが高まり、投資家は恐怖、不確実性、疑念のレベルをマネージします。しかし、弱気な市場でも利益を得るチャンスはあります。

現在、いくつかの取引プラットフォームでは、ユーザーにロングポジションとショートポジションを開設する機会を提供しています。ショートポジション(空売り)は、市場が下降するときにトレーダーが利益を得るのに役立ちます。

強気の市場 vs. 弱気の市場の分析

次の2つのセクションでは、これらのマクロトレンドのそれぞれに対して主な特徴に焦点を当てます。さらに、強気と弱気のローソク足パターンの見分け方についても全体的に説明します。

強気市場と弱気市場の特徴

強気相場は、ポジティブなトレンドであることが特徴です。経験の浅い投資家でも、成長するトレンドの中で適切なポジションを開くだけで利益を得ることができます。ただし、いつ株式が強気の領域に入るのかについての明確な定義はありません。

しかし、市場がどこに向かって動いているかを理解するのに役立つ、いくつかの市場データを常に活用することができます。数週間から数ヶ月の間に資産が20%以上増加した場合は、より重要なトレンドの始まりを捕捉している可能性があります。

ビットコインのブルトレンド(強気トレンド) 2020年3月~2021年3月

強気トレンドの確認は、主要な指数を見ることで判断できます。例えば、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、そしてERC-20トークンのほとんどが数ヶ月にわたって成長しているのを見れば、これは強気市場の主な特徴の1つであると言えます。

強気市場のもう一つの重要な特徴は、投資家の自信に関するものです。仮想通貨に関するツイッターが極めて高い価格予測を提供しているのを見ると、強気市場にいる可能性が高くなります。

では、弱気市場の特徴はどうでしょうか?

弱気市場の主な特徴は、価格の下落です。ビットコインやその他のデジタル資産が、突然数日ではなく数時間単位で20%以上下落することがそれにあたります。数日後にトレンドが安定して続くようであれば、新たな弱気のトレンドに入った可能性が高いと言えます。

前述した通り、弱気市場になる、投資家の間では恐怖、不確実性、疑念が主な感情となります。これにより、頭文字をとったFUDという言葉が生まれました。これは、投資家が仮想通貨市場に積極的に参加するよりも、傍観者でいることを好むことを示しています。

ローソク足パターンで市場の動向を見極める

テクニカルアナリストは、強気の市場が弱気の市場に変わった時、あるいはその逆のときに取引を開始するのに役立つ、必勝のローソク足パターンを持っている傾向があります。ローソク足は、投資家感情に関する多くの情報を表現しておりアナリストにとって重要な要素となります。

長期的な時間軸では、ローソク足パターンはトレンドが変化しているかどうか、あるいはトップやボトムに到達したかどうかの貴重な情報を提供します。これらのローソク足パターンは防弾仕様(完全に安全)ではありませんが、トレーダーがポジションを管理する際の指針となります。

最も人気のある強気のローソク足パターンには、以下のようなものがあります:

  • ハンマー
  • 反転ハンマー
  • 強気のエンガルフィング
  • モーニングスター

代表的な弱気のローソク足パターンには、以下のようなものがあります:

  • イブニングスター
  • ハンギングマン
  • 童子スター
  • 黒三兵

強気と弱気の感情を取引する

強気と弱気の市場を取引するには、さまざまな指標に従う必要があります。その中には、ボラティリティー指数(VIX)、強気・弱気のパーセンテージ指数、移動平均線などがあります。

センチメント指標の活用

ボラティリティー指数 (VIX)

VIXとして知られるCBOEボラティリティー指標は、今後30日間のボラティリティー予想を測定する指数です。このツールは、投資家の間の恐怖や貪欲さなど、市場のセンチメント(感情)を理解するのに便利です。

VIX指数は伝統的な金融市場に焦点を当てていますが、仮想通貨市場が株式との相関関係を強めるにつれて、いくつかの結論を導き出すことができるかもしれません。アナリストは常に異なるインデックスを考慮する必要があります。

VIX値が大きくなると、市場が下落する可能性が高くなります。逆にVIX値が下がった場合、市場は上昇します。上記グラフのような場合、市場は上昇に向かうと推測されます。とはいえ、これはあくまでも指標のひとつであり、他の分析ツールと一緒に使うべきものです。

強気と弱気の割合指数

BPI(強気の割合指数)は、市場の健全性に関する情報を得るために活用できる指標です。多くのアナリストや投資家がこのブレッド・インジケータを使用しています。ポイントとなる銘柄の割合を示し、買いのシグナルを把握します。

BPIは、高値または安値に動いている銘柄の総数を測定します。このようにして、トレーダーは市場のセンチメントがどこに向かっているのかを正確に把握することができます。

指標は0%から100%の間で変動します。指標が50%以上の場合、強気の市場(上昇している)である可能性があります。同様に、指数が50%以下の場合、市場はベア(弱気)に傾いていると考えられます。買われ過ぎ、売られ過ぎの状態は、指標が70%以上に上昇するか、30%以下に下降した時点で確認されます。

売られ過ぎの状態では、市場が変曲点に達している可能性があり、間もなくブル(強気)が現れてトレンドがその方向性を変えるかもしれません。買われ過ぎのシグナルは、ベア(弱気)が市場をコントロールする、またはトレンドが再開する前に一旦停止する可能性を示しています。

移動平均線

移動平均線(MAs)は、デジタル通貨を取引する際に最も活用されるテクニカル指標の一つです。移動平均線は、価格トレンドを滑らかにし仮想通貨によく見られる突然のスパイクや価格下落のノイズを軽減するために使用されます。

ビットコインの200日、100日、50日移動平均線

デジタル資産の取引によく使われる移動平均線には、50日線、100日線、200日線があります。強気の市場でも弱気の市場でも、ポジションを開いたり閉じたりするための売買シグナルとなります。

伝統的な移動平均線に加えて、指数移動平均線(EMA)もあります。

EMAは伝統的な移動平均線よりも優れているのでしょうか?

実際のところ、両者は異なる情報を共有していると言えます。EMAは、一般的なトレンドではなく、最近のプライスアクションに焦点を当てています。EMAは、古い価格データを考慮するよりも、短期的に市場がどのように振る舞ったかを重要視します。

仮想通貨市場で成功しているトレーダーのほとんどは両方の指標を使用しています。同時に、50日MA、100日MA、200日MAがクロスした場合、オープンポジションやクローズポジションが発生する可能性があります。

トレンドの変化を捉える

市場の変曲点を発見する事は、大変難しい作業です。トレーダーは同じような結果を示す異なるツールを使用する必要があります。市場が強気から弱気に変わった時、通常はトップを発見することができます。

このトップとは、取引量が増えた後に短期間で到達した価格水準のことです。トップに到達すると、市場は急速に方向転換します。さらに、市場が再び高くなろうとする(高値を目指そうとする)と、何度も拒否されます。

トレンドが変化し始めると、それが短期的な変化なのか、それとも長期的なマクロトレンドなのかを理解することが大切です。ポジショントレーダーは、市場が強気から弱気になった場合、ショートポジション(空売り)を建てることが一般的です。

短期トレーダーは通常、自分が取引する仮想通貨取引ペアに対して起こる変動を元に売買します。スキャルパーは、市場のあらゆる動きを利用してこれらの変動で利益を上げます。

強気の市場と弱気の市場で想定される課題

強気の市場にも弱気の市場にも、トレーダーが直面し理解しなければならない課題があります。マクロトレンドにおけるトレーダーの主な課題の一つは、ベアまたはブルの罠に陥らないようにすることです。マクロトレンド(強気または弱気)に集中することは、望ましくない結果を避けるための最良の方法の一つです。

強気と弱気の両方の市場でトレーダーが直面するもう一つの課題は、自分の感情です。直感はトレーダーにとって良い特性となりますが、投資家のパフォーマンスにマイナスの影響を与える可能性もあります。

強気のトレンドでは何度も価格が下落します。多くのトレーダーは、価格の下落があるとすぐにポジションを解消します。これにより、投資家は価格の下落が一瞬のもので、強気のトレンドがそのまま続いていたことに気づくという状況が生まれます。

弱気市場でも同じことが起こります。上昇するとすぐに、多くのトレーダーは価格上昇の頂点で市場に参入しますが、そこから市場が下がり続けていくことに気付きます。

総括

強気と弱気の市場は、金融市場や仮想通貨市場の重要な部分です。トレーダーは、取引活動で成功するためにその特徴や特性を理解する必要があります。

総合的な取引指標を使用することは、成功率を高めるための最良の方法の1つです。加えて、トレーダーが認識しなければならない課題もあります。感情を捨て、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を駆使して取引することは、価格変動に立ち向かうための最良の方法の一つです。

仮想通貨市場は今後、強気市場と弱気市場を何度も繰り返すことが予想されます。今は強気の市場ですが、新しく見つけた戦略でトップを狙う準備はできていますか?

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles