初心者のためのガイド:仮想通貨にはどんな種類があるのか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

この勇敢な新しい仮想通貨の世界に万歳!あなたがイーサリアムについて何か聞いた事があるかどうかは分かりませんが、ビットコインについては何か知っている事があるでしょう。しかし、仮想通貨には他にも多くの種類があることをお伝えした場合はどうでしょうか?web3トークン、ICOトークン、ERC20トークン、DeFiトークン、ステーブルコインに至るまで、この刺激的な暗号空間が提供している多種多様な存在にきっと驚くことでしょう。

強気市場のアルトコインシーズンとビットコインの価格は、特にイーロン・マスクが彼のTwitterのプロフィールを#bitcoinに変更した時から、急上昇し続けています。アポロの巨人のような仮想通貨市場とその業界はさらに大きく発展し続けることでしょう。

ですので、ビットコインの次には何が来るのか気になる方は、仮想通貨の多種多様な種類を解剖しながら読んでみてください。おそらく、あなたの投資ポートフォリオを多様化するためのいくつかの洞察を獲得することができると思います。

Cryptocurrencies

仮想通貨とは?

不換通貨・信用通貨(通常のドル札)のように、仮想通貨は分散化されており、ユーザーのマシンや「ノード」で構成されるピア・ツー・ピアのコミュニティコンピュータネットワークにのみ依存しています。つまりそれは独立しており、中央銀行や金融機関によって管理されていないことを意味します。また、仮想通貨やデジタル通貨として知られており、しばしば取引目的のための交換媒体として認識されています。

米ドルとは対照的に、仮想通貨の所有権は通常いくつかの重要なコンポーネントを使用したブロックチェーンソフトウェアに記録されます。ビットコインの場合はネットワーク内の各ノードに分散された台帳、暗号化された取引、タイムスタンプサーバー、プルーフ・オブ・ワーク・コンセンサス、そして実行中のノードのネットワークそのものです。

とても複雑そうですよね?

このような構造は、仮想通貨トークンの場合に見られるように、通常のお金を超えて仮想通貨の能力を拡張します。しかし、より重要な事はビットコインが異なる方法で構築された最初の通貨であるという事で、政府や伝統的な銀行がもはやあなたのプライバシーについて口出しすることができない、という大きな分散化のトレンドをスタートさせました。

コインとトークンの違い

仮想通貨には3つの種類があります。それはビットコイン、アルトコインそしてトークンです。

ビットコイン

2008年、サトシ・ナカモトとして知られる匿名の開発者が、政府や銀行から独立した初の電子キャッシュであるビットコイン(BTC)について説明したホワイトペーパーを発表しました。それは従来のオンライン決済とは異なり、取引手数料が安く、完全に分散化されています。

ビットコインは物理的には存在せず、ブロックチェーンとして知られる分散型の公開台帳システム上に保持されている残高のみが存在します。これらのビットコイン・トークンの残高は、その後、公開鍵と秘密鍵を使って暗号化を解読して保管されます。簡単に言うと、公開鍵はビットコインを送受信するための銀行口座番号のようなものです。それに対して、秘密鍵はビットコインの送信を承認するための秘密の鍵です。

仮想通貨として、ビットコインは不換紙幣と同じように動作し、販売された製品や提供されたサービスの支払い手段として受け入れられています。分散化されていますが、ビットコインの最も魅力的な部分は、潜在的な投資家やトレーダーを引き付けるドルに対するその競争力のある為替レートです。ビットコインは合法的に取引されていないにもかかわらず、仮想通貨の中では人気があり、多くのクリエーターが仮想通貨を立ち上げるきっかけとなりました。

アルトコイン

当初はビットコインが唯一の仮想通貨でしたが、その後他のプロジェクトが登場し始めましたこれがアルトコインの誕生です。イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュ、またはモネロという言葉を聞いたことがありますか?ほとんどのコインが、ネイティブプラットフォームであるネイティブブロックチェーンから生まれたもので、ビットコインのブロックチェーンとは少し違ったものばかりでした。

モネロのような新しく作られたコインは、通常は単一の目的で使用するために開発されたもので、ビットコインよりも優れたデジタル通貨としての役割を果たすために開発されました。

簡単に言うと、それらは様々なユーザーにアピールするためにルールを変えて、ビットコインに対抗するように作られました。そして、それらのいくつかは誕生してからずっとビットコインに挑戦していますが、皮肉なことに古き良き10歳のおじいちゃんは依然強力に市場を支配しています。同時に、ビットコイン以外の全てのタイプの仮想コインは現在、一般的にアルトコインまたは代替コインとして分類されています。

トークン

さて、暗号トークンは通常、仮想通貨関連のエコシステムをより発展させるために開発されてきたボーナスマイルのようなものです。蓄積されたマイルによってパン一斤を買うことはできませんが、航空券を買うことはできます。同じアプローチは、クリプト・トークンでも機能します。

記事の後半でいくつかの実用的な例を見つけることができますのでご心配なく。今のところは、暗号トークンは必ずしもネイティブのブロックチェーンを持っているわけではなく、他のプラットフォームの上で簡単に開発できることを理解しておいてください。通貨の役割を果たす暗号コインと比較して、トークンはしばしば変更のための投票やネットワークに参加した人々への報酬のような特定の機能を果たします。

暗号トークンの種類

暗号トークンは、その機能に基づいていくつかのカテゴリに分離することができます。

交換トークン

競合他社との差別化を図るための1つの方法としては、通貨ペアや取引の種類の多様性が挙げられます。これらは、店頭取引、信用取引や先物取引、そして実際には、ネイティブの為替トークンなどがあります。

これらのトークンは、ユーザーが手数料の支払い、他の暗号通貨の売買、または新しいコインの上場のためのコミュニティ投票など特定の操作に使用できるため、付加価値の高いものとなります。

おそらく、すべての取引所トークンの中で最もよく知られており、最も流動的なのは、バイナンス取引所のBNBネイティブトークンです。しかしその他にも、フォビトークン (HT)、クーコインシェアーズ (KCS)、ビボックストークン (Bix)などの他の取引所トークンがあります。

DeFiトークン

DeFiは昨年夏のトレンドでした。ビットコインの強気市場の中でも、DeFi取引所は50Bドルまで上昇しました。ということは、それは暗号ニッチを混乱させる可能性のあるチャネルであるということでしょうか?もしそうなら、どのように魅力的なのでしょうか?

信じられないかもしれませんが、暗号ニッチはまだ中央集権化されています。バイナンスを例に挙げてみましょう。

DeFiの特徴は、伝統的な暗号プラットフォームからの脱却を目指していることです。DeFiプロジェクトの目的は、ピア・ツー・ピアネットワーク内でユーザーが貸し借りできるようにし、その貸し出しを活用し、アクティブに活動するだけでトークンを「ファーム」することができるようにすることです。

これらのプラットフォームの上で生成された「ファーム化された」トークンがDeFiトークンですが、それ以外にもチェーンリンク (LINK)、ユニスワップ (UNI)、アーべ (AAVE)、ダイ(DAI)などが存在します。

Web3トークン

少数の巨大企業が所有する従来の中央集権型ウェブと比較して、Web3トークンは新しいインターネット基準をもたらします。

現在、70万マイル以上の海底ケーブルが使用されていることをご存知でしょうか?Googleは63,605マイルと全ケーブルの8.5%を占め、Facebookは57,079マイル、Amazonは18,987マイル、Microsoftは4,014マイルとなっています。

Web3トークンは、この傾向を止めることを目的とした上記企業の暗号プラットフォーム上に開発されたトークンです。そして、彼らは他のトレンドの開発に貢献するためのWeb3暗号トークンを持つプラットフォームユーザーに報酬を与えます。

例えば、分散型プロジェクトのファイルコインでは、ネットワークのユーザーは、ファイルコイントークンで報酬を得るために他のユーザーのデータを保存します。

3Foldトークンは、グローバル企業のないインターネットを象徴する3Foldエコシステムで、自分のノードを承認した参加者に授与されます。

ERC-20トークン

ERC20トークンと他のトークンとの大きな違いは、ERC20トークンがイーサリアムブロックチェーンの上に作られていることです。

実際にはERC20はトークンではなく、トークンの基準です。ある企業がイーサリアムプラットフォーム上で分散型アプリであるdAppを立ち上げることを決めたとします。その際にトークンが機能するためには、一連のルールを定義しているERC20規格に準拠したトークンを作成する必要があります。

セキュリティトークン

さて、世界中の規制当局が自分たちの感覚を取り戻し、仮想通貨を定義する方法を決めれば、このタイプのトークンが仮想通貨の次の大きなものになるかもしれません。セキュリティトークンは、「トークン化」と呼ばれる現象の原因となっています。

投資として、ニューヨークのアパートの一部を購入したいが、アパートは高すぎるので全部は購入したくないとします。簡単に分割できるデジタル資産を購入することで、それを実現することができます。

セキュリティトークンはかなり前から話題になっていましたが、実用化するにはそれなりの規制や標準化が必要です。それゆえ、あまり耳にしたことがありません。

ICOトークン

約3年前、ICO(イニシャルコインオファリング)が登場し、それが飛び火しました。暗号プロジェクトは、時には疑わしい由来を持つことから、資金を調達したいと考えた際に資金調達の方法として新しいコインを作成することが多かったのです。簡単に言えば、ICOはスタートアップ企業のための資金源なのです。

興味のある投資家は誰でも募集に参加して購入することができ、取引所を通して企業が発行した新しい仮想通貨トークンを受け取ることができます。資金調達キャンペーンを通じて、企業は開発プロセスを維持するのに十分な資金を蓄積します。一方、これらのトークンは通常、BTCやETHと交換されました。他の通貨と交換しやすく、市場の流動性が高い事がとても重要だからです。

今日では、市場の変化に伴いICOは減ってきています。

Types of Cryptocurrency

仮想通貨のトップランキング

さて、あなたの時間と投資をする価値がある最高の暗号通貨は何でしょうか?ここでは、私たちの考察をご紹介します

1. ビットコイン(BTC)

  • 史上最高値:$41,962.36
  • 循環供給量:18,616,043 BTC
  • 最大供給可能量:21,000,000 BTC

2020年は確かに誰にとってもジェットコースターのような年でしたが、それは仮想通貨市場にとっても同じでした。ビットコインの価格は200%以上の急騰を続け、史上最高値まで爆発的に上昇しました。突然の急騰は2017年を彷彿とさせましたが異なるものでした。

2021年から遡って4年前は、ビットコインは個人投資家が為替レートで利益を得るための投資としか見られていませんでした。そこに、一部の大手機関投資家が市場に参入することになりました。例えば、数百万ドル規模のビジネスインテリジェント企業-MicroStrategy-は、2020年に10億ドル以上のビットコイン購入を発表しています。一方、テスラの創業者であるイーロン・マスク氏は、大口取引をビットコインに移行することについて問い合わせをすることで好奇心を示しています。

現在、ビットコインは平均33,000ドルから35,000ドルで取引されています。

2. ライトコイン(LTC)

  • 史上最高値:$375.29
  • 循環供給量:66,394,765 LTC
  • 最大供給可能量:84,000,000 LTC

ライトコインは、何年にもわたって市場に留まることができた最も初期のアルトコインの一つです。チャーリー・リーは、高速、安全、低コストの支払いを提供する為に、この仮想通貨を作成しました。このコインはビットコインに非常に似ていますが、いくつかの違いがあります。それらは、使用されるハッシュアルゴリズム、ハードキャップ、ブロックトランザクション時間、およびビットコインとは異なるその他いくつかの項目の事です。主な違いは、ビットコインのネットワークが2100万コインを超えることはありませんが、ラインは最大8400万コインまで生成可能です。

ライトコインの最重要点は、1秒間に最大56回の取引が可能で、取引手数料が非常に安いことです。そのため、マイクロトランザクションに適しています。

3. イーサリアム(ETH)

  • 史上最高値:$1,467.78
  • 循環供給量:114,486,822 ETH
  • 最大供給可能量:上限なし

ETHはビットコインと並んで積極的に強気な市場の波に乗ってきました。今年の夏にDeFiハイプを蹴散らしただけでなく、イーサリアム2.0の新しいコンセンサスアルゴリズムへとゆっくりと変貌を遂げつつあります。しかし、なぜ注意にする必要があるのでしょうか?

世界規模で見ると、ビットコインの年間のカーボンフットプリントはニュージーランドのカーボンフットプリントに匹敵し、36.95 MtのCO2を排出します。それらは全て、プルーフ・オブ・ワークのコンセンサスによって、イーサリアムがスケーラビリティの問題に対処することを余儀なくされている事が理由です。

もしイーサリアムが2.0にアップグレードされ、さらに多くのDeFiプロジェクトをホストするようになれば、イーサリアムの発明者であるヴィタリック・ブテリン氏の市場支配への道を止めることができる人が現れることを想像するのは難しいです。

4. チェーンシンク(LINK)

  • 史上最高値:$25.65
  • 循環供給量:404,009,556 LINK
  • 最大供給可能量:1,000,000,000 LINK

チェーンリンクは、オラクルに頼ることでクロスネットワークの相互作用を後押しする仲介者を目指しています。つまり、スマートコントラクトを使って、オフチェーンのデータソースと相互作用し、データを受け取ることができるDAppsを構築する事ができるということです。

他のプロジェクトとは異なり、チェーンリンクは競合他社に対抗しているわけではありません。実際には、開発者や一般市民全体にとって有益な、持続可能で分散化された信頼性の高いシステムを構築する上で、暗号エコシステムを補完するために使用されています。Google Cloud、Intel、T-System等との提携により、チェーンリンクは公衆からの信頼を確保するのに役立っています。このように、そのランキングは安定しており、2021年に投資すべき最高の暗号通貨の1つとして評価されています。

Chainlinkの将来性を確認して、良い投資かどうかを確認してみましょう。

5. テザー(USDT)

  • 史上最高値:$1.21
  • 循環供給量:26,601,641,890 USDT
  • 最大供給可能量:上限なし

テザーはUSDTという略記で広く知られていますが、米ドルの価格を反映した安定コインです。それは何を意味するのでしょうか?それは米ドルにぴったり釘止めされている為、安定した価値を持ち、方程式からボラティリティを除去しています。その安定性は、流通しているUSDT額に等しいテザーの準備金をドル建てで維持することによって達成されています。

また、少なくともこれは彼らが言っていることが影響していますが、USDTは米ドルだけでなく他の仮想通貨の準備金にも紐付けされていると噂されています。

テザーによると、すべてのトークンは100%その埋蔵量によって裏付けられています。これらの準備金には従来の通貨が含まれており、現金にはその他の資産やテザーが第三者に貸し付けた債権などが含まれていますが、これらの準備金の裏には他の資産も含まれています。

あなた自身が長期的な投資家であると考えているならば、USDTはあなたの為に有益である可能性はあります。多くの専門家は、安定した資産として3年から5年で良いリターンが得られるだろうと予測しています。

まとめ

今、あなたは現存する仮想通貨の異なる特徴について知っておく必要があるほぼ全ての内容を知っています!市場に存在する複数の仮想通貨について言うと、それらは約5,000種類あります。仮想通貨がより広く一般に採用されるようになれば、さらに多くのアルトコインやトークンが出てくるでしょう。最終的には、それらのファンダメンタルズを理解する事はあなたの将来の投資のためのより良い選択を導き出すことに大いに役立つでしょう。

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles