ライトコイン(LTC)がトップの仮想通貨であり続ける理由&今でも投資に適しているか?(2021)

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

ライトコインは、仮想通貨の時価総額で常にトップ10の座を確保しているデジタル資産です。そして、アルトコインの長年にわたる印象的なパフォーマンスを見ても、それほど驚くべきことではありません。

もしあなたが好奇心旺盛な方であれば、このコインがどのようにして仮想通貨の乱立を乗り越え、トップに躍り出たのか、いまだに不思議に思っていることでしょう。それは、あなただけではありません!

今日は、そのメカニズムと展望について深く掘り下げてみましょう。最終的には、時間と労力をかけて投資する価値が本当にあるのか、をご理解頂けると思います。

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコインは、Googleのソフトウェアエンジニアだったチャーリー・リー氏がBTC Core Clientのフォークとして開発したピアツーピア型のブロックチェーンです。ビットコインのコードに手を加え、いくつかの機能を強化した結果、ライトコインが誕生しました。例えばライトコインは、取引処理時間の短縮、取引コストの削減、セキュリティの向上などをその特徴としています。

しかし、ライトコインの最も魅力的な点は、1つのブロックを2.5分以内に処理する能力で、これはビットコインの4倍の速さです。

一番の魅力は?

ライトコインは、ビットコインの256-ハッシュアルゴリズムよりもコスト効率の高いスクリプトアルゴリズムを採用している為、より低コストで利用できます。

ライトコインが持つ柔軟性と、技術革新における迅速な採用により、開発者は自分のニーズに合ったシステムを調整することが容易になります。同時に、エラーが発生した際には変更を迅速に実行することができます。また、ソフトウェアのセキュリティパッチが迅速に実施されることにより、ブロックチェーンはサイバー攻撃を受けにくくなっています。

ライトコインが10年後もトップの仮想通貨であり続ける為には?

ライトコインは、これまでで最も人気のあるアルトコインの一つです。更に、その技術的な可能性と非常に高いROI(費用対効果)を生み出せる可能性がある為、今後も成長の可能性があります。

実際、個人投資家やトレーダーの多くがLTCを好んでいるのは、その電光石火のような取引スピードが主な理由です。

他の仮想通貨と比較して、LTCへの投資はリスクが低いと言えます。LTCは80億ドル以上の時価総額を持つ世界第8位の仮想通貨として、広く採用されています。さらに、ほぼすべての仮想通貨取引所で取引されており、LTCをサポートする為に世界中には3,709台のキオスクがあり、2番目に大きな仮想通貨ATMネットワークを持っています。

2021年現在、ライトコインは世界中で40,000以上の加盟店に受け入れられており、そのうち70%は米国にあります。

加えて、ライトコインはセグウィット技術をいち早く取り入れました。つまり、セグウィットが採用されたことで、ライトニングネットワークでは参加者が実質的にコストをかけずに通貨を交換できるようになったのです。聞いたことがありますよね。そう、コストをかけずに!です。

つまり、揮発性が低く、柔軟な使い勝手は、小規模から大規模な事業者まで適応できるということです。したがって、ライトコインとビットコインを比較すると、同じプルーフ・オブ・ワーク・コンセンサスを使用しているにもかかわらず、ライトコインの方がよりスケーラブルであると言えます。

ライトコインが高いランキングを維持しているもう一つの理由は、その価値の保存性にあります。供給が限られているからこそ、需要と供給の概念に基づいてLTCの価値が高まるのです。しかし、ライトコインのプロトコルが変更され、より多くの供給が可能になる可能性もあります。

これらの要素を考慮すると、ライトコインが投資家の間で人気が高い仮想通貨資産であり続ける理由が明らかになります。

ライトコイン vs. ビットコイン vs. イーサリアム

先に述べたように、ビットコインのSHA-256アルゴリズムに対して、ライトコインはスクリプトと呼ばれる異なるハッシュアルゴリズムを使用しています。

しかし、スクリプトは資源を消費せず、コストもかからないため、マイニングをより魅力的にしているということには気がつかなかったと思います。つまりマイナーは、ビットコインのASIC(特定用途向け集積回路)のハードウェアよりもはるかに安価なGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を使ってLTCを採掘することができるのです。そのため、作成されたブロックを一般の人が検証することがより容易になります。結果、スピードとネットワークのスケーラビリティが向上します。

逆にイーサリアムは、PoWコンセンサスがPoSに切り替わった後は採掘できないため、マネタイズ方法やネットワークサポート方法が異なります。

ライトコインは、イーサリアム(シェアリング前)とビットコインの両方を合わせたものよりもはるかに速いトランザクションを処理できます。ビットコインは1秒間に7回、イーサリアムは19回のトランザクションを処理できますが、ライトコインはなんと56回ものトランザクションを処理できます。もちろん、スケーラビリティは常に問題となってきます。そこでイーサリアムは、ETH 2.0の展開時にシャーディング技術を実装することで、スケーラビリティとキャパシティの克服を目指しました。しかしコインテレグラフによると、この技術はそんなにすぐに(2021年から2022年まで)には完全に統合されない為、ライトコインがこの領域での先駆者であることに変わりはありません。

ライトコインに投資すべきか?

ライトコインについての理解を深め、他の2大トップ仮想通貨であるビットコインやイーサリアムと比較した後に、この仮想通貨に投資する価値があるかどうかを評価するのが一般的です。

では、ライトコインは投資に適しているのでしょうか?

以降の情報が、この資産の可能性を評価し、ポートフォリオに適した戦略を決定するのに役立つでしょう。

ライトコインの回顧録

ここでは、ライトコインチームが達成した主なマイルストーンを紹介します:

  • ライトコインは2011年に誕生しました。チャーリー・リー氏がビットコインの改良版として考案しましたが、ビットコインに取って代わることはできませんでした。そのため、「デジタルシルバー」というニックネームが付けられました。
  • リー氏は、2013年にエンジニアリングのディレクターとしてコインベースに入社しました。このニュースが流れたとき、LTCの価格は3ドルから30ドルへと約10倍に高騰し、その価値にプラスの影響を与えました。その後、ニュースが時間経過するとすぐに正常化しました。
  • 2017年、コインベースはLTCを上場に加え、コインのさらなる成長を引き起こしました。そして2020年まで上昇を続け、2020年末には360ドルに達しました。
  • 同時に2017年には、SegWitとLightning Network層の採用により、1秒あたりのLTC取引がさらに強化されました。

注目すべきは、リー氏が2017年12月に保有株をすべて売却したことです。それは、LTCが他の仮想通貨とともにピークに達したのと同じ時期でした。ネットワークの創始者がライトコインの持ち株を売却したことも投資家の信頼を損ねました。批評家たちは、彼が価格を操作しているのではないかと疑いましたが、彼はその理由を自分の方向性との利益相反であると説明しました。

LTC価格分析

仮想通貨の過去のパフォーマンス理解は、財務上の重要な意思決定に役立ちます。このコインは、2017年12月の暗号バブルの際に史上最高値を記録しました。当時、LTCは急騰し、300ドルを超える史上最高値に達しました。

しかし、2018年に仮想市場が価格崩壊した際には、ライトコインも多大な影響を受けました。その価格は23ドルにまで急落し、173%以上も価値が減少しました。もちろん、我々は仮想通貨市場が不安定であることを理解しており、ライトコインも例外ではありません。2019年の初めにライトコインは強気の市場で再び花が開き始めました。価格は5倍以上に上昇して140ドルになりました。しかし、この後、価格は再び沈静化し、2020年の終盤になってようやく再び100ドルに戻りました(1年以上ぶり)。

このように、2021年初頭の一般的な見通しとしては、全ての仮想通貨にとって好ましいものですが、それにも関わらずライトコインは執筆時点(2021年3月下旬)で190ドル前後の価格で推移しています。このまま史上最高値を更新する可能性はあるのでしょうか?それは時間が解決してくれるでしょう。

ライトコイン投資はリスクが高い?

2019年、このデジタル資産は投資家に300%以上の利益をもたらしました。ライトコインへの投資に伴うリスクはビットコインと非常に似ており、通常はその価格変動に関連しています。変動にもかかわらず、その価格は常に跳ね返り、強固な技術力がこの資産の価値を支えています。

LTCは、強気の相場展開のたびに新たな高みに到達しており、市場での安定した存在感のおかげで、LTCへの投資のリスクは他のアルトコインよりも低くなっています。しかし、LTCへの投資にも一定のリスクは存在します。それは、アルトコインの強気相場がビットコインに大きく依存していることが主な理由です。例えば、ビットコインの弱気な勢いが長期化した場合、LTCの価格も下落する可能性が高いです。

ライトコインを取引すべきか、投資すべきか?

ライトコインを手に入れたら、投資資産としてウォレットで保有することにしても良いでしょう。このデジタル仮想通貨をすでに所有している人は、そのボラティリティーの大きさから、価格変動の恩恵を受けることができます。

またライトコイン取引では現物取引か、ロングまたはショートのポジションを立てるデリバティブ取引かのいずれかを選択することができます。また、ビットコインが高騰するたびにLTCの価格が新たな高みに達するため、LTCを長期的に保有することも良い結果を生むかもしれません。

ライトコインの取引に適している人は?

仮想通貨は、その可能性からさまざまなタイプの投資家にとって魅力的な資産となっています。デイトレーダーは、1日のうちに発生する価格変動より利益を得ることができます。またインフレから保有資産を守り、長期的に利益を得るための長期投資としても利用できます。仮想通貨愛好家の中には、資産やそのマイニングアルゴリズムをサポートするために購入する人もいます。

技術的な面では、ライトコインが新しいものを提供することはありませんが、既存の枠組みを改善することはできます。ライトコインは重要な資産であり、投資ポートフォリオを多様化したいと考えている投資家には適しています。

いくら位の投資をすべきか

全ての仮想通貨投資に当てはまる第一ルールは、失う可能性がある以上の投資をしないことです。これは、あなたが初心者であろうと上級者であろうと同じです。また、分散投資はよく知られた方法です。最良の方法は、アルトコインへの投資をポートフォリオの10%以下にすることです。

取引に適用する際の、主なルールは簡単です。1回の取引で取引保証金の1%以上を取引してはいけません。このルールを守れば、貴方の資金はより良い方法で保護されます。

ライトコインの取引方法は?

LTCは、ほとんどの仮想通貨取引所で購入し、長期間保有することができます。しかし、将来の指定された時間にあらかじめ決められた価値で価格を投機する永久契約を取引することもできます。

例えば、BybitはLTCUSDT永久契約を提供しており、レバレッジをかけた永久契約によってステーブルコインのUSDTでLTCを購入することができます。必要な事は、認証済みの口座にいくつかのテザーを入金するか、他の暗号通貨をUSDTに変換することだけです。

その方法は以下の通りです:

既存のUSDTでBybitアカウントに資金を投入するか、Fiatゲートウェイで購入します。

1.「ゴー・トゥー・トレード」→「USDTパーペチュアル」→「LTC/USDT」と進みます。

2. ロングオーダーまたはショートオーダーの予想LTC価格と、交換したいUSDTの量を設定します。

3. LTC価格が指定された上限に達すると、それに応じたLTC量があなたのウォレットに入ります。

4. 責任を持って取引してください。当社のトレーディングガイドを利用して、取引方法を学んでください。

最後に

総括すると、ライトコインにはビットコインとの相関関係による価値があります。また、通貨の希少性も価値を高める要因となっています。同様の実績を誇るアルトコインは多くありません。さらに、市場で最も古い仮想通貨の1つであることは、急速に変化する市場の現状において非常に大きな安定性を示しています。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles