初心者のためのガイド:DAIとは何か、どのように機能するのか

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

最近、ビットコインを筆頭に、暗号分野は急激な成長を遂げています。多国籍の金融企業が巨額の資金をビットコインに投資し始めており、これは暗号化の波を先取りする動きと言えます。

一部の個人、特にデイトレーダーにとっては、ボラティリティーはポジティブなものであり、おそらく仮想通貨の特徴として最も魅力的なものであると考えられています。しかし、その他の人たちにはボラティリティーは仮想通貨の弱点だと考えられています。この議論は、暗号業界に反対している者が仮想通貨を不安定な資産と呼んで批判する際によく使われます。

ステーブルコインは、仮想通貨によく見られる極端な価格変動への兆候を最小限に抑える為にトレーダーが利用する、ある種のソリューションです。現在、最も人気のあるステーブルコインの1つがDai(DAI)トークンです。このガイドでは、Daiステーブルコインとは何か、どのように機能するのか、誰が作ったのか、どこで手に入るのか、などを理解することができます。

ステーブルコインとは何か?

ステーブルコインとは、ボラティリティーを最小限に抑えた仮想通貨の一形態です。ステーブルコインは、例えば、米ドルや金などの他の資産にペッグ(連動)されている場合があります。上記では、仮想通貨がボラティリティーの高い資産であることをお話ししました。

仮想通貨のボラティリティーは、ブロックチェーンや予測市場をベースにしたローンにとって障害となります。安定性を必要とする他の長期的なスマートコントラクトにとっても、ボラティリティは障害になる可能性があります。その上で、価値の貯蔵庫として役割を果たす暗号資産にお金を貯めて活用したいユーザーがいることは明らかです。

安定した価格の仮想通貨を作るアイデアは以前からありました。しかし、主な課題はその価格の安定化でした。その為、安定した価格の仮想通貨を作ることは多くの人にとって暗号領域における最高の成果と考えられています。

ステーブルコインの目的は、安定性を維持することでボラティリティーを最小限に抑えることです。ステーブルコインはどのようにしてそれを実現するのでしょうか。それは、外部の資産とペッグ(連動)しているから成せるのです。これらの外部資産は中央管理されており、その安定性は中央当局によって維持されています。

ステーブルコインのペッグ(連動)化。データ元:Research.algalon.com

そして、例えば不換通貨の価値は急激に変動するリスクをはらんでいるにも関わらず、中央当局が需要と供給をコントロールして価格を安定させています。仮想通貨の場合、そのようなことは不可能です。仮想通貨は誰にもコントロールされていないため、価格がより変動しやすいのです。

ステーブルコインには様々な種類があります:

  • フィアット・バックド・ステーブルコイン — USD、EUR、GBPなどの通貨で裏打ちされたステーブルコイン。Fiat-backed stablecoinは、1対1の比率で裏付けられています。したがって、1ステーブルコインは1単位の不換通貨に相当します。
  • コモディティ・バックド・ステーブルコイン — 金などのコモディティ(金融商品)を裏付けとしたステーブルコイン。1枚のコインは、ペッグされた商品(1オンスの金など)の1単位と同等の価値があります。
  • クリプト・バックド・ステーブルコイン — 他の仮想通貨に裏付けられたステーブルコイン。予備の仮想通貨に潜在的に存在するボラティリティーリスクを低減するために、暗号担保付きステーブルコインは、通常は過剰担保されています。これは、担保を1:1の割合で持つ代わりに、1:2の比重で持つことを意味します。通常は、ビットコインやイーサリアムなどの評判の良い仮想通貨が対象となります。暗号担保付きのステーブルコインは分散型で、最も人気のあるものはDaiステーブルコインです。Daiは米ドルにペッグ(連動)されており、イーサリアムネットワーク上に構築されています。
  • 無担保ステーブルコイン — このタイプのステーブルコインは、いかなる種類の担保も保有していません。安定した価値を維持するために、市場の需要に応じてステーブルコインの供給を変えるスマートコントラクトに依存しています。

Daiとは何か?

世の中にはたくさんのステーブルコインがありますが、Daiはユニークです。Daiはイーサリアムベースのステーブルコイン(ERC-20トークン)で、1米ドルと同等の価値を維持することを目的としています。保守は、イーサリアムのブロックチェーン上のスマートコントラクトの自動システムによって行われています。Daiステーブルコインの価格は米ドルにソフトペッグされており、他の仮想通貨の混合によって担保されています。

仮想通貨はボラティリティーが高いため、特にトレーダーが仮想通貨の価格が暴落するリスクがあると考えている時期には、Daiをボラティリティーに対するヘッジとして使用することができます。Daiトークンは、ドルにソフトペッグされているため、1ドルの価値を維持しています。現在、Daiの時価総額は280万ドルで、今後も成長が見込まれています。

誰がDaiをつくったのか?

Daiステーブルコインは、分散型の自治組織であるメーカーダオによって作成されました。そして、スマートコントラクトを利用した分散型の方法論で運営されています。メーカーダオは、デンマークの起業家ルーン・クリステンセンによって2014年に設立されました。

メーカーダオは、MKR保有者がメーカーダオ、メーカープロトコル、DAIの変更に関する意思決定に投票する民主的なシステムで運営されています。彼らの投票権は、彼らが所有するメーカートークンの数に比例します。

Daiトークンとそのスマートコントラクトは、2017年12月18日にイーサリアムのブロックチェーン上で正式にローンチされました。ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツは、2018年9月にメーカーダオに1,500万ドルを投資し、MKRトークン全体の6%の所有者となりました。同年、ETHが大幅に値下がりした際でも、Daiは1ドルの価値を維持することに成功しました。

2019年には、創業者のクリステンセンが、仮想通貨以外の資産をDaiの担保にできるよう、より有利な環境を整えたいと考えたため、メーカーダオ内に分裂が生じました。議論の末、CTO(最高技術責任者)がメーカーダオを去りました。

Daiはどのような仕組みを持つのか?

Daiは、ユーザーがロックされた担保を使って借入をする際に作成され、借入が返済されると破棄されます。担保として認められているイーサやその他の仮想通貨を預けると、新たにDaiが作成されます。借りたDaiを返済すると、ロックされていた担保は開放されます。

前述の通り、Daiは米ドルにペッグされています。その価値を維持する為、DaiはTRFM(ターゲット・レート・フィードバック・メカニズム)を用いています。つまり、Daiの目標は価値を1ドルに維持することなのです。価格目標が1ドルを下回った場合は、TRFMが増加して価格が戻るようになります。価格が上がれば、Daiの仮想通貨保有者は利益を得て、需要が増えます。需要が増えると、ユーザーがCDP(担保付債務残高)でDaiを借りて市場から購入するため、供給が減少します。このようにして、Daiの価格が目標価格まで戻るのです。

Daiの目標は、1米ドルと同等の価値を維持すること。データ元: Hackernoon.com

他にもテザー(USDT)、トゥルー・USドル(TUSD)、パクソス・スタンダード(PAX)などのステーブルコインがあります。これらのステーブルコインに共通しているのは、安定した資産(米ドルなど)にペッグされていることです。Daiは、いくつかの理由で他のコインとは異なります。主な利点は、Daiが非中央集権的であることです。これは、ソフトウェアプロトコルを介して、分散型の自治組織によって管理されている事が理由です。Daiステーブルコインはイーサリアムブロックチェーン上に構築されているため、誰でも許可なくDaiを生成することができます。

ブロックチェーン上のすべての活動は、イーサリアムを搭載した自己強化型スマートコントラクトによって公に記録されます。そのため、Daiが使用しているシステムは透明性が高く、収賄の心配もありません。

また、Daiには民主的な統治システムがあり、すべての変更や決定は一般参加者の投票によって行われています。

Daiにはどのような用途があるのか?

Daiステーブルコインは、安定した価値を維持しているため、ボラティリティーに対するヘッジとして使用されることがほとんどです。これらの資産の特徴は、不安定な市場でもその安定性を維持できることにあります。Daiは、どのような状況でも1ドルの価格を維持できるので、まさにそれが可能なのです。

また、Daiは比較的簡単に現実のお金と交換したり、他の商品とトレードしたりすることができます。非中央集権型金融(DeFi)で最も人気のある仮想資産の1つです。また、Daiの預金を使った貸し出しには、さまざまがメリットもあります。米国、英国、オランダ、オーストラリア、フランス、スペインなどの国では、Coinbaseを通じて貸し出しを行うことで、Dai預金に対して年率2%の金利を得ることができます。

Daiは、国境を越えた取引にも利用できます。ウエスタンユニオンのような従来の方法で他国への国際送金を行うと、手数料は非常に高価でかつ時間がかかります。ブロックチェーン技術に基づいたメーカープロトコルを使えば、従来の方法に比べて数分の一の価格で、数秒のうちにDaiを送金することができます。

また、今までは開発者がドルをFinTechアプリケーションに統合することは常に困難でした。Daiトークンは、開発者が自社のプラットフォームのユーザーにDaiを使った取引を可能にするため、このプロセスをはるかに容易にします。これは、Daiがイーサリアムのブロックチェーン上に存在するため、誰もがアクセスできる事が大きな要因です。

Daiトークンはどのように入手できるのか?

仮想通貨の初期の頃は、仮想通貨取引所が少なかったため、購入するのが難しいこともありました。最近では、仮想通貨の取引量が飛躍的に増え、かつてないほど簡単に購入できるようになりました。

Daiトークンを入手する際に真っ先に思い浮かぶのは、メーカーダオプラットフォームです。しかし、多くの仮想通貨取引所でもDaiを購入することができます。これらの取引所の一部を以下の通りご紹介します:

  • Coinbase Pro(コインベースプロ)
  • Huobi Global(フォビグローバル)
  • KuCoin(クーコイン)
  • Kraken(クラーケン)
  • Binance(バイナンス)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • Gemini(ジェミニ)

また、以下のような分散型金融(DeFi)トークン・スワップ・プロトコルを通じても、Daiを入手することができます。

  • Uniswap(ユニスワップ)
  • Compound(コンパウンド)

Daiはどのようにして保存するのか?

DaiはERC-20トークンであるため、Atomic、MyEtherWallet、Metamask、Exodus、Jaxx、Mist、TrustなどのERC-20互換のウォレットに保管することができます。

Daiトークンは、LedgerやTrezorなどのハードウェアウォレットにも保管できます。ハードウェアウォレットは、インターネットに接続されていない為ハッキングが不可能で、トークンをより安全に保管することができます。

Daiトークンの将来性は?

メーカーダオは、Daiを可能な限り競争力がある安定したコインにする為、多大な努力を積み重ねてきました。Daiが2017年にイーサリアムブロックチェーン上でローンチして以来、このトークンは大きな成功を収めていると言って良いと思います。

メーカーダオの目的は、Daiを「中立的な通貨」にすることで、Daiのロゴも一目で通貨とわかるようにしています。ユーロやドルのような不換紙幣のロゴに似ていると思いませんか。

世界の人気通貨と並ぶDaiのシンボルマーク(ロゴ)。 データ元:MakerDAO.com

将来に渡って成功し続け、何百万人もの人々に採用・使用されるという目標を達成する為には、メーカーはトークンのブランディングに取り組み、人々にトークンのことを教え、利用した場合に得られるメリットを伝えなければなりません。

しかし、Daiは多くの点で他のステーブルコインとは異なる為、上記のような事の達成は不可能ではなく、Daiの将来は明るいと思われます。一般的に仮想通貨の将来は、金融の世界で重要な役割を果たすことが期待されており、非常に有望だと思われています。

最後に

世の中にはたくさんのステーブルコインがあります。しかし、DaiはイーサリアムのブロックチェーンをベースにしたERC-20トークンである為、本当にユニークです。 Daiが群を抜いているのは、民主的な統治システムを採用しているからです。

Daiは、どのような状況でも1ドルの価値を維持するため、インフレに対するヘッジとして使用することができます。これはすべてのステーブルコインの目標であるかもしれませんが、Daiステーブルコインが特別なのは、イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトにより自動化されたシステムによってこれを実現していることです。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles