Aaveとは何か、そしてそれは良い投資なのか?

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Aave(アーべ)は、最近実用的なDeFiソリューションをリリースして人気を集めている分散型の貸金プロトコルです。この記事では、Aaveの特徴や開発の重要なマイルストーンを確認し、近い将来にAaveがどのような方向に向かうのかを予測します。

Aaveとは何か?

Aaveは、イーサリアムブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトの分散型システムで、ユーザーは共同で仮想通貨を貸し借りすることにより、マネー市場を形成し利息を得ることができます。

Aaveのエコシステムは、Aaveプロトコル、AAVEホルダー、リクイディティプロバイダー、イーサリアムおよびDeFiウォレットのパートナー、開発者、Aaveに貢献するプロジェクトで構成されています。そしてこの多様なプロダクトは、AAVEトークンによって支えられています。

Aaveプロトコル

Aaveシステムの最も重要で且つ不可欠な側面は、2020年1月8日に公開されたオープンソースの流動性プロトコルです。これは、スマートコントラクトから資本を解放し、DeFiエコシステム内の資本の流れを改善し、コミュニティに意思決定の権限を与えることを目的として作成されました。Aaveプロトコル2.0の主な機能は、Flash Loans(フラッシュローン)、aTokens、Credit delegation(クレジット・デレゲーション)、Fixed-Rate Deposit(定額預金)、Rate Switching(レート切り替え)、Aave Governance(Aaveガバナンス)です。それぞれについて、詳しく確認してみましょう。

aTokens:aTokensは、入金時に生成され、償還時に焼却される利息付トークンです。借り手に直接利息が発生します。Aave 2.0での取引コストを削減するために、aTokenはERC-20トークンによる手数料の支払いをガスの承認なしで可能にするEIP 2612提案を統合しました。

Credit delegation(クレジット・デレゲーション):クレジット・デレゲーションは、預金者がAaveプロトコルを利息獲得のためだけに利用し、借入れをしない場合に備えて、追加資金を得るためのクレジットラインを信頼できる人に委任する機能です。クレジットラインを得た人は、特別な「Credit Delegation Vault(クレジット・デレゲーション・金庫)」から資金を引き出すことができます。資金を保護するため、当事者はOpenLawと呼ばれるアプリケーションを使用して、契約条件の合意に署名します。

レート切り替え:借り手を金利の変動から守るために実装されたモデルで、固定金利と変動金利を切り替えることができます。 

取引機能:Aaveでサポートされている仮想通貨を預けると、それが担保として使用されている場合でも取引が可能です。また、ユーザーには証拠金取引が提供されており、レバレッジをかけたロング・ショートのポジションを取ることができ、流動性提供者が預託金の重みを増すことができます。

ガバナンス:AAVEトークン保有者が他のアドレスに投票を委任できるよう、Aave ガバナンスがリリースされました。Aaveガバナンスに参加するため、投票者はコールドウォレットからメッセージに署名することができます。

Aaveの仕組みは?

Aaveプロトコルにより、ユーザーはデジタル資産の利息を得ることができ、安定金利ローン、変動金利ローン、フラッシュローンの形式で仮想通貨トークンを借りることができます。DAI、ETH、LINK、USDT、AAVEを含む15以上の仮想通貨を貸し借りすることができます。

貸し出し

貸し手は、流動性プールに集められた資金を預けることで流動性を提供します。各プールは、ボラティリティーをヘッジするための準備金として資産を確保します。流動性の問題を回避するため、Aaveはバランサーとユニスワップに流動性プールを設置し、貸し手はいつでも資金を償還することができます。

借り入れ

他のイーサリアムベースのDeFiレンディングシステムと同様に、Aaveは過剰担保ローンのコンセプトをサポートしています。つまり、資産を借りるためにはユーザーはまず借り入れ額を50~75%上回る担保を確保しなければなりません。これにより、ユーザーがローンを返済できない場合にプロトコル内の資金を保護することができます。借り手が担保率を維持することが重要であり、そうでなければ担保は自動的に売却または清算され、ローンの返済に充てられます。投資によって得られた利子は、ローンによって発生した利子を相殺するのに使われます。 

aTokens

預金が貸し借りのためのものであるかどうかに関わらず、ユーザーは基礎となる資産の価値に1対1で固定された利息を得るaTokenを預金と交換で得ます。各aTokenは1つの仮想資産に基づいています。例えば、ETHを入金するとaETHトークンが得られます。このようなaTokenは、自由に保管、譲渡、取引することができます。この交換メカニズムにより、借り手は様々な仮想通貨を所有することなくアクセスすることができます。

貸し手は、預けた資産に対して継続的に金利を得る機会があります。金利は、通貨の種類、貸し出し供給量、借り入れ需要量、利用率に依存します。さらに追加で、aToken保有者はAaveのフラッシュローンの仕組みから発生する手数料の一定割合を受け取ります。

フラッシュローン

Aaveの特徴は、主に開発者を対象とした借り入れの仕組みであるフラッシュローンにより、顧客が担保なしで即日融資を受けられることです。フラッシュローンは1回のイーサリアム取引で元本を返済するという条件で行われます。万が一、ローンが期限内にプールに返却されなかった場合、その取引は取り消されます。これにより、リザーブプール内の資金の安全性が保証され、誰もリスクを負うことはありません。フラッシュローンには0.09%の手数料が必要で、13秒以内に徴収が完了します。

フラッシュローンは、以下のような目的で利用できます:

  • アービトラージ(裁定取引)
  • ローンの借り換え
  • 自己資金での調達
  • 取引利益の創出
  • 自動での仮想通貨スワッピング 
  • 担保のスワッピング

目的に関わらず、ペイバックの仕組みがシステム全体のセキュリティに貢献するコードで保護されている為、ユーザーは第三者に頼ることなく資金の貸し借りを行うことができます。

Aave vs. Compound(コンパウンド):共通点と相違点

Compound FinanceとAaveは、DeFiレンディング・プラットフォームの最大手であり、Aaveプロトコルの立ち上げ以来、最大のライバルでもあります。一見すると同じように見えますが、両者にはいくつかの違いがあります。

ここでは、両者の共通点を紹介します:

  • 同じコンセプトで作られている
  • 仮想通貨の過剰担保融資を提供している
  • 預金の利子を得ることがで出来る
  • ガバナンストークンがある
  • 原資産を表すERC-20トークンがある

Although similarities are aplenty, there are a few key points that set them apart. Among them are the following aspects:

共通点はたくさんありますが、いくつかの重要なポイントでお互いを区別しています。その中には、次のような点があります:

  • Aaveの最も注目すべき特徴は、無担保のフラッシュローンを持つこと
  • Aaveでは、より幅広いトークンの貸し借りが可能。Compoundでは9資産であるのに対し、Aaveでは15以上の資産を提供する。
  • Aaveは金利切り替えサービスにより、安定金利と変動金利の両方を提供しているが、Compoundは変動金利のみ。
  • Aaveの担保率は高く借り手は75%を得ることができるが,Compoundは66%である。
  • CompoundはAaveよりも平均して低い貸出金利と借入手数料を実現している。
  • Compoundは初心者でも操作が簡単で使いやすい。
  • 参加を促すために、Compoundは数秒ごとに貸し手と借り手にCOMPトークンの端数を与える

一般的にAaveにはユニークな機能が搭載されており、Compoundよりも高いペイアウトオプションが用意されている為、より有効なソリューションとなっています。

Aaveトークン

Aaveプラットフォームは、ERC-20規格に基づくAAVEトークン(旧称LEND)によって運営されています。これは、ユーザーが自分のトークンを投票したりステークしたりすることで、Aaveのエコシステムを管理・発展させることを促すために作られました。

LENDは、2017年から新通貨への移行が始まる2020年9月までAaveのネイティブトークンでした。LENDは100:1の割合でAAVEに交換されました。コインの総供給量は13億LENDから1600万AAVEに減りました。1,300万枚のAAVEトークンが発行され、LENDトークン保有者が交換でき、300万枚のトークンがプロトコルの成長を促すためにAaveエコシステムリザーブに保管されています。

AAVEトークンはデフレになるように設計されています。プラットフォーム手数料の約80%がプロトコルで使用され、手数料で集めたコインを燃やしてトークンの価値を高めます。ユーザーは、取引所からAAVEを購入したり、預金やローンを組んで稼ぐことができます。コインは、MyEtherWalletやMetamaskなどのイーサリアム対応のウォレットに保管することができます。

AAVEトークンの機能

AAVEトークンには、いくつかの機能と利点があります:

  • 手数料の削減:AAVEの保有者および借り手は、AAVEを担保として使用する場合、プラットフォーム取引の手数料が割引されます。
  • ステーキング:AAVEトークンは、預金者に保険を提供する為に、プロトコルのセーフティ・モジュール内でステーキングすることができます。ステイカーはステーキングの報酬とプロトコルの手数料を得ることができます。
  • 提案:ユーザーは、プラットフォームの変更を提案することができます。
  • 投票:AAVEは、保有者にプロトコルレベルの統治権を与え、それはAave Improvement Proposals (AIPs)、新機能、将来のプロトコル更新の決定に使用できます。

また、AAVE保有者がAAVEを用いて手数料を支払えば、一般に公開される前のローンをさらに審査することができます。借り手は、AAVEトークンでローンを組めば手数料がかかりません。

Aaveの歴史

Stani Kulechov established a P2P lending platform ETHLend in November 2017 in response to the lack of loan applications on Ethereum. Since then some important events have happened in the ecosystem.

Stani Kulechov(スタニ・クレショフ)氏は、イーサリアム上でのローン申請がないことを受けて、2017年11月にP2PレンディングプラットフォームETHLendを設立しました。それ以来、エコシステムにいくつかの重要な出来事が起こりました。

  • 2017年11月:ETHLendトークン「LEND」のICOで1620万USドルを調達。
  • 2018年9月:ETHLendはリブランディングを行い、より多様なプラットフォーム機能を統合するためにAaveという名前を取得。
  • 2020年1月8日:ETHLendは運営を停止し、Aaveプロトコルがメインネット上で稼働し、会社の戦略をP2Pレンディングからプールベースのものに変更。
  • 2020年7月:セキュリティに重点を置く目的で、Aaveプラットフォームにおけるプロトコル内部の経済性をアップグレード。
  • 2020年9月:Aaveノミクスの初期段階として、LENDを新たに生成したAAVEトークンに交換する作業を開始。
  • 2020年12月:AaveプロトコルV2を開始。アップグレードには、ガスの最適化、クレジットの委譲、流動性のマイニングが含まれる。

プロジェクトの継続的な発展に伴い、今後も新たな主要マイルストーンが期待できます。

AAVE価格の歴史

AAVEの価格の歴史は、LENDが1コイン0.0162USドルのレートで販売されたICOから始まります。それ以来トークンの価値は着実に上昇し、2020年10月は1コインあたり53.49ドルの価格でスタートし、その後12月末に84.31ドルに達するまで安定したパフォーマンスで成長してきました。AAVEの最高価格555.04ドルは、2021年2月10日、年初に起きたブルランの際に記録されました。

本稿執筆時点でのコインの価値は370.99ドルです。

Aaveの今後の展望は?

Aaveの未来は、今のところ大変明るいと思います。世界の仮想通過市場の時価総額は大幅に増加し、1.7兆ドル以上という驚くべき数字に達しています。このことから、デジタル資産の人気は衰えることなく、仮想通貨を使ったオンラインでの借り入れのニーズが高まっていくものと思われます。AaveはDeFi業界で最もエキサイティングなプロジェクトの1つである為、このニッチな分野で重要な役割を果たすと考えています。

価格の予測

変動の激しい仮想通貨市場では、トークンが長期投資に適しているかどうかを判断するのは困難です。しかし、一部の専門家や分析サービスは様々なソース元の情報に基づいて、AAVEの将来を予測しようとしています。

Longforecastは、2022年初頭の価格は928ドル、年末には1637ドルになると予測しています。これは344%の上昇を意味し、その後2年間で2025年には375ドルまで下がると考えています。

Digitalcoinプラットフォームでは、2021年12月の価格は627ドルで終了し、2023年には756ドルになると考えています。2025年には1AAVEは1,347ドルになるとの見方です。

Wallet Investorは、2026年の価格予測を5,468ドルとし、5年間の投資で約1,379.6%の収益を見込んでおり、長期的な上昇を予想しています。

TradingBeastsによると、2021年は477ドルで終了し、2022年から2024年にかけてさらに上昇し、800~1,190ドルの範囲で価格が変動すると予測しています。

多くのアナリストがコイン価格の上昇を楽観的に予想しており、300%~3,000%の利益を得られると考えていることがわかります。

価格に影響を与える要素

AAVEの価格は、さまざまな要因に影響されます。1つ目の要因は、仮想通貨市場全体の時価総額の成長であり、これは通貨の採用率の増加を意味します。2つ目の要因は、Aaveが最も有望なプロジェクトの1つであるDeFi分野の宣伝です。また、フラッシュローンの分野でのリーダーシップも重要です。AAVEの価値に影響を与える更にもう1つの要因は、コインバーニングです。これにより供給量が減少し、価格のプラス要因となります。また、トークンの価格、使用率、人気、はユーザーによるAaveプラットフォームの採用と、Aaveが掲載する資産の成功に結びついています。

最後に

AAVEは、銀行やその他の中央集権的な金融機関に頼らずに資金の貸し借りをしたい人にとって本当に素晴らしいソリューションです。分散型のアプローチと、コードで守られた全てのプロセスにより、このプラットフォームは透明で且つ安全なものとなっています。このようなソリューションへの需要は過去数年にわたって高まっている為、このプロジェクトの資本金も、このプラットフォームに使用されているコインの価格とともに増加することが予想され、投資に適したものとなっています。

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles