ライトコインvs.ビットコインvs.イーサリアム:違いと比較

Join our community & learn for free
No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

「知る人ぞ知る」な人だけが仮想通貨について知っていた時代がありましたが、今ではもう昔のことのように思えます。暗号通貨コミュニティの成長とともに暗号資産の認識が高まっている一方で、ますます多くの投資家が彼らの視点の理解を深めて暗号資産取引プロセスに関与しています。

この記事では、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムの3つの主要な暗号通貨について説明します。それらの主な違いを紐解いてゆきましょう。決済速度、スケーラビリティ、アルゴリズム、およびマイニングの観点からそれらを比較します。そして、どれが最良の投資であるかを見るためにそれらに評価をしていきます。

一言で言えば、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインの主な違いは暗号化アルゴリズムです。このアルゴリズムは、新しいコインをマイニングするプロセスに影響を与えます。ビットコインはSHA-256アルゴリズムで暗号化されますが、ライトコインネットワークとイーサリアムネットワークはそれぞれScryptとKeccak-256を使用します。

なぜ暗号資産は今こんなに盛り上がっているのか?

人々はここ数年、仮想通貨を売買してきました。ただし、2020年は、このタイプの投資が株式や金よりも収益性が高い可能性があることを示しました。多くの仮想通貨は、特にCoinMarketCapでトップ10を構成するものを中心に、別のビットコイン強気に続いて価格が大幅に上昇しました。ハイプをこれほどまでに押し上げた過去数か月の変化は何ですか?

今日、仮想通貨が世界的に誇大宣伝されている理由はいくつかあります。まず第一に、PayPalのような巨人を含む多くの多国籍企業が彼らのビジネスに暗号資産を実装しているので、大量採用に向かっている可能性があります。これにより、買い手と売り手はデジタル通貨を保持、購入、受け取り、販売できるようになりました。いくつかの主要銀行も徐々にこの運動に参加しており、ブロックチェーンと暗号通貨の可能性を探求する意向を発表しています。

第二に、ほとんどのデジタルトークンの供給は限られています。つまり、供給が減少するとコストが上昇する法定通貨のように切り下げられません。そのため、多くの組織がビットコインやその他のアルトコインへの投資を開始し、より健全な価値の保管庫として現金をビットコインに変換しています。

もう1つの理由は、世界中の何千もの企業が暗号資産、特にビットコインを支払い方法として受け入れているため、製品、ソフトウェア、およびサービスの支払いを迅速かつ効率的に行える可能性があることです。

なぜビットコインとライトコインはこれほど人気があるのか?

ビットコインとライトコインは、何年も前から存在している仮想通貨です。このように、それらは暗号コミュニティの柱であると考えられています。それらが非常に人気がある理由の1つは、基盤となるブロックチェーンテクノロジーです。ピアツーピアの決済を可能にし、政府やその他の中央集権的な金融機関からの管理の必要性を排除します。

ビットコインとライトコインの市場は、需要と供給に応じて動作します。仲介業者がいないため、最小限の手数料で迅速かつ簡単に取引が可能になり、第三者の不正行為が排除されます。

どちらの通貨も、オンライン金融取引を透明かつ安全にすることを目的としたグローバルなデジタル支払い方法を表しています。分散型の公的に分散されたレッジャー(元帳)であるブロックチェーンには、これまでに行われたすべてのトランザクションの暗号化されたレコードが含まれているため、データのセキュリティに貢献します。これらの考慮事項により、ビットコインとライトコインは非常に魅力的です。

最後に、両方の暗号通貨の人気のもう1つの理由は、それらが持つ迅速で簡単な利益の可能性です。過去数年間、投資家は富を増やす簡単な方法を示しており、フォロワー数は絶えず増加しています。

ライトコインvs.ビットコインvs.イーサリアム

ライトコインvs.ビットコインvs.イーサリアム

ビットコインは最初のブロックチェーンベースの暗号通貨であるため、その後に登場した他のすべてのプロジェクトとは一線を画しています。ビットコイン以外のすべての暗号資産はアルトコインと呼ばれ、ビットコインの制限のいくつかを克服するために作成されることがよくあります。

その結果、アルトコインは多くの場合、異なるプロトコルと暗号化アルゴリズムを使用し、その中でもライトコインとイーサリアムが最もよく知られているものの1つにランキングされています。それらを互いに区別する重要なポイントは、マイニングアルゴリズム、ブロック生成時間、コインの総数、トランザクション速度、時価総額、および価格差です。

アルゴリズムとマイニングとは何か?

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインは異なる暗号化アルゴリズムを使用しており、新しいコインの作成方法に影響を与えます。ビットコインはSHA-256アルゴリズムを使用し、ライトコインはScryptを使用しますが、イーサリアムネットワークはEthashに依存していました。これは、ネットワークがイーサリアム2.0アップグレードの一部としてプルーフオブステーク(PoS)に切り替わったため、現在は関係ありません。

SHA-256を使用すると、ネットワークが大きくなるほど、新しいブロックを見つけるのが難しくなるため、エネルギー消費量が多くなります。ビットコインマイニングでは、特定用途向け集積回路(ASIC)と呼ばれる高価なマイニングデバイスを使用する必要があります。これは、高価で多くのエネルギーを消費します。その結果、一人で作業しているマイナーはもはや利益を上げることができず、マイニングプールに参加する必要があります。

対照的に、Scryptは、パソコンを持っている人なら誰でもライトコインをマイニングできるように設計されています。シンプルで手頃なCPUおよびGPUハードウェアシステムを使用しています。Litecoinを使用すると、エンドユーザーは一人で作業するマイナーとして利益を得るチャンスがあります。

ビットコインとライトコインは、マイニングにプルーフオブワーク(PoW)コンセンサスメカニズムを使用するという点で類似しています。マイニングのプロセスとは、トランザクションを検証して新しいブロックを生成するために必要な、強力なコンピューターと特別なハードウェアを使用して複雑なパズルを解くことを意味します。ブロックを確認した最初のマイナーまたはノードは、新しいコインで報われます。トランザクションはパブリックレッジャー(元帳)に記録され、ノードによっても保存されます。

イーサリアムブロックチェーンは、プルーフオブステークコンセンサスアルゴリズムに切り替えられたため、マイニングの必要性がなくなりました。参加者はシステムにコインを賭け、賭け金の大きさにもよりますが、誰もが報酬を得る公平なチャンスがあります。

TPSとは何ですか、それはクリプトにどのように影響しますか?

3つの暗号通貨が異っているもう1つのポイントは、トランザクション速度です。ビットコインネットワークは、平均して1秒あたりわずか4〜5トランザクション(TPS)を処理でき、最大で7トランザクションを処理できます。新しいブロックを作成するには、約10分かかります。

ライトコインネットワークの速度は56TPSで、ブロックの確認には2.5分かかります。これは、ビットコインの4倍の速度です。ただし、この改善には、2人のマイナーが同時にブロックを生成するときに発生するいわゆる孤立ブロックの形での欠点があります。

2020年11月にローンチされたイーサリアム2.0は、100,000TPSを処理することを約束しています。現在、その速度は平均して1秒あたり12〜15トランザクションであり、15秒ごとにブロックを確認しています。

スケーラビリティの欠如とビットコインネットワークへの影響

ビットコインネットワークの最大の問題の1つは、スケーラビリティの欠如に関連しています。特定の瞬間にネットワークを介して資金を送金しようとするユーザーが増えるほど、それは混雑します。取引手数料はオークションに基づいて定義されているため、入札額が高い方が取引がより確認されます。これにより、ネットワーク料金が高くなり、確認時間が長くなります。ライトコインははるかに低い料金を提案していますが、それでも同じ問題があります。

トランザクション時間を短縮し、トランザクションコストを削減するために、ビットコインとライトコインはいくつかのスケーラビリティの改善を実装しました。その中には、トランザクションから署名データを引くことでブロックサイズの制限を増やすSegWitや、トランザクションデータをブロックチェーンから遠ざけるLightning Networkがあります。

イーサリアムブロックチェーンにはこの問題はありません。最終的にPoSに切り替えられたため、スケーラビリティの問題はこのネットワークには関係なくなりました。

総コイン供給量とブロック報酬

ライトコインとビットコインには、マイナーがトランザクションを検証するために受け取る金額に事前設定されたコイン制限があります。供給限度に達すると、新しいコインは発行されません。

事前定義されたプロトコルによると、ビットコインの供給はインフレを防ぐために2100万BTCに制限されています。平均して、1日あたり900の新しいビットコインが採掘されています。ビットコインの半分が4年ごとに発生するため、マイニングブロックの報酬は大幅に減少しています。最後の半分の後、2020年に、マイナーは最初の4年間の50 BTCと比較して、ブロック確認で受け取るのはわずか6.5BTCでした。

ライトコインには8400万LTCの制限があります。ビットコインと同様に、報酬はコインの作成後、ブロックあたり50コインで、4年ごとに半分になります。最後のライトコインの半分は2019年に行われ、報酬はブロックあたり12.5LTCに減少しました。次の半分は2023年に予想されています。

これらの2つの通貨とは異なり、イーサリアムには最終的な発行上限がありません。ただし、年間のミンティング制限は1,800万コインです。 PoSへの移行により、ブロック報酬はもはや無関係ではなくなりました。代わりに、参加者はネットワークにコインを賭けることで報酬を受け取るようになりました。これらの報酬のサイズは、さまざまなステーキングプログラム全体で2〜20%変動します。

暗号資産がスイングハイ

2020年に、主要な暗号通貨の価格は、別のビットコインブルランに続いて大幅に上昇しました。わずかな落ち込みの後、上昇傾向が続いています。ビットコインの価格は2021年1月9日に史上最高の42,000ドルを超えました。1年以内にBTCの価格は史上最高の61,000ドルに急上昇しました。この成長はビットコイントレード市場の増加につながりました。

2020年は、ETH価格も年初の131ドルから12月31日のほぼ750ドルに跳ね上がったため、2番目に大幅なETH価格の上昇を記録しました。

ライトコインも成長しました。今年はLTCあたり56ドルのレベルで始まり、125ドル前後で終わり、まだ上昇しているようです。

暗号資産の時価総額

3つの通貨のもう1つの重要な違いは、その時価総額です。これを書いている時点で、ビットコインの時価総額は7370億ドルを超えており、ペプシコ、トヨタ、HSBC、シティグループ、ネットフリックスなどの企業よりも高くなっています。そのような出来高は、暗号通貨市場全体の価値を初めて1兆ドルを超えるように押し上げました。

イーサリアムの時価総額は1,410億ドルを超え、ライトコインの出来高は100億ドルに達し、世界で6番目に大きい暗号通貨になっています。

スマートコントラクトの将来のプロジェクト

LitecoinはM.Payプラットフォームとの提携を計画しており、韓国の13,000以上のATMで顧客がLTCを法定紙幣に交換できるようにします。

2020年12月1日に、イーサリアムはプルーフオブステークメカニズムに基づいてイーサリアム2.0への移行を開始しました。移行は4つのフェーズで実現され、いくつかのアップグレードが行われ、ブロックチェーンが改善されます。スケーラビリティの問題を解決するために、レイヤー1ソリューションであるShardingとレイヤー2ソリューションであるPlasmaがインストールされます。

ビットコインは、スケーリングとプライバシープロトコルのアップグレードTaprootをインストールする可能性が高く、ライトニングネットワークのアップグレードはまだ成長しています。

イーサリアムはビットコインを追い抜きますか?

市場の過去の強気の傾向を考慮すると、ビットコインは常に他のアルトコインの上昇につながり、その価値はしばしばそれに固定されていることがわかります。今、それは前の高値を突破した後、上昇し続けています。

ビットコインはイーサリアムやライトコインとは大きく異なります。イーサリアムは、ガス料金を燃料とする分散型アプリケーションとスマートコントラクトを開発するために作成された分散型プラットフォームです。ビットコインは価値を保管する場所であり、商品の支払い方法です。ライトコインは純粋にデジタル通貨として使用されます。

プルーフオブステークアルゴリズムに移行した後、イーサリアムはゲームチェンジャーになり得ます。しかし、時価総額の点でビットコインを追い抜くことは難しいでしょう。その上、ビットコインは、コインの数が限られているため、デジタルゴールドと呼ばれる価値の保存に変わりつつあります。それは最大のユーザーベースを持っています。ライトコインの利点は、比較的低価格で取引速度が速いことです。

要約すると、ライトコインとイーサリアムの両方に未来があり、それぞれがエコシステムでその役割を果たしていると言えます。しかし、どちらもビットコインを追い抜くことはできません。

これらのコインのいずれかに投資すべきですか?

暗号通貨市場は非常に急速に変化し、投資家が最良の投資オプションを選択することを困難にしています。この業界の周りのすべてのハイプで、多くの人々はビットコイン、ライトコイン、またはイーサリアムに投資すべきかどうか疑問に思っています。新しい通貨は毎月市場に出されるので、それらがその人気を維持するという保証はありません。それでも、この記事で比較されているすべての通貨は、強力なユーザーベースと経験豊富な開発チームを持っており、ほとんどの取引所で利用できます。

毎日より多くの投資家がBTCに興味を持っているため、BTCには高い見通しがあります。たとえば、Fidelity Investmentsの調査によると、2020年後半に機関投資家の約36%がビットコインを投資ポートフォリオに追加しました。ビットコインがスケーラビリティの問題を解決すれば、トランザクションは高速かつ安価になり、他のどのアルトコインよりも魅力的な通貨になります。

ただし、供給が限られているため、ビットコインは全世界にサービスを提供することはできません。それは約5億人のユーザーしかサポートできません。そのため、同様の特性と機能を持ち、はるかに安価なライトコインを代わりに使用するかもしれません。

これら3つの通貨はすべて、投資家に高い収益性を提供し、今後数年間で成長する可能性が高いことがすでに証明されています。

まとめ

まだ多くの国での暗号資産の法的および規制環境はまだ整っていませんが、仮想通貨業界は進化し続けています。分散化、透明性、速度、匿名性など、法定通貨では思いつかないような機能を提供してくれます。アルトコインでポートフォリオを多様化にすることは将来にとってポジティブになるかもしれません。

アルトコインを持つことにより、すべての暗号資産愛好家にとって前向きな資産になります。ただし、賢明な投資選択を行うためには、それぞれの選択肢の長所と短所を慎重に検討することが重要です。

さっそく、新しく身につけた暗号資産の知識を使って取引してみませんか?

Disclaimer

This article is intended for and only to be used for reference purposes only. No such information provided through Bybit constitutes advice or a recommendation that any investment or trading strategy is suitable for any specific person. These forecasts are based on industry trends, circumstances involving clients, and other factors, and they involve risks, variables, and uncertainties. There is no guarantee presented or implied as to the accuracy of specific forecasts, projections, or predictive statements contained herein. Users of this article agree that Bybit does not take responsibility for any of your investment decisions. Please seek professional advice before trading.

Join our community & learn for free

No Spams. Only heaps of sweet content and industry updates in the crypto space.

Related Articles